【正規品保証】海外医薬品・サプリを会員登録不要で手軽にネット通販

アモキシシリン

メーカー:ブリストル・ラボラトリーズ

250mg(21錠入り)

通常価格:¥2,300
通販特価:¥1,780
在庫状況 : 入荷待ち

250mg(21錠入り)3箱セット

通常価格:¥6,900
通販特価:¥5,070
在庫状況 : 入荷待ち

250mg(21錠入り)5箱セット

通常価格:¥11,500
通販特価:¥8,010
在庫状況 : 入荷待ち

500mg(21錠入り)

通常価格:¥3,300
通販特価:¥2,680
在庫状況 : 入荷待ち

500mg(21錠入り)2箱セット

通常価格:¥6,600
通販特価:¥5,090
在庫状況 : 入荷待ち

500mg(21錠入り)3箱セット

通常価格:¥9,900
通販特価:¥7,230
在庫状況 : 入荷待ち
到着目安
入金確認後5~15
発送国の天候や配送業者の都合で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域は、お届けが遅くなる場合があります。
上記日数は目安です。商品は海外からの発送の為、到着日数には余裕をもってご注文下さい。
現在新型コロナウイルス(COVID-19)の影響により各国の物流に遅れが生じています。通常より到着に時間がかかる場合がありますがご了承ください。
アモキシシリン
アモキシシリン
アモキシシリン
アモキシシリン
アモキシシリン
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK

アモキシシリンについて

梅毒、淋病など多くの感染症に有効なペニシリン系抗生物質
日本で流通している『サワシリン』のジェネリックにあたります。
サワシリンジェネリックの中でも最安値の商品です
梅毒治療の第一選択薬とされています。
梅毒や淋病だけではなく、溶連菌などの感染症にも有効です。

アモキシシリンは梅毒治療の第一選択薬として知られており、他に淋病やインフルエンザ、ヘリコバクター・ピロリ、溶連菌など多くの感染症に対して効果を発揮し、長年愛用されている治療薬です。

アモキシシリンの特徴

アモキシシリンはペニシリン系抗生物質で日本で一般的に処方されているサワシリンのジェネリックに当たります。アモキシシリンの先発薬であるサワシリンはアレルギーも出にくく、安全性が高いことから長く日本で使われている高い実績を持っている薬です。

アモキシシリンはジェネリックなので、サワシリンと同様の効果を持っており、梅毒や淋病、インフルエンザ、気管支炎、扁桃炎、溶連菌、ヘリコバクター・ピロリなど多くの症状に有効でアモキシシリンを持つことで、あらゆる症状に対して対応できます。

アモキシシリンは梅毒に対して高い治療効果を持っています。

梅毒は高い安全と治療効果を持った治療方法が存在していませんでしたが、ペニシリンが発見されてからは安全に梅毒の治療をおこなうことが出来るようになりました。ペニシリン系抗生物質であるアモキシシリンは同様に梅毒に対して高い治療効果を持っており、ウイルスを死滅させます。

梅毒は症状が徐々に進行していく病気で、性器のしこり、リンパ節の腫れなどの症状が出た際は第1期で、2~4週間ほどアモキシシリンを服用することで治療が可能です。

膿が溜まったり、斑点の症状が現れた場合はアモキシシリンを服用しても4~8週間ほどの治療期間が必要になります。梅毒はアモキシシリンをなるべく早く服用することが早期治療に繋がるのでアモキシシリンを常備しておくといいでしょう。

アモキシシリンは溶連菌やインフルエンザ、気管支炎などにも有効です。

溶連菌や、菌に感染して起こる風邪の症状など、アモキシシリンの先発薬であるサワシリンを処方された経験のある方も多いと思います。アモキシシリンはそれだけ多くの症状に対して有効で、処方されることの多い薬です。

サワシリンを使った臨床試験では気管支炎77%、肺炎が85%、中耳炎の方の81%に対して症状が改善されたことが確認出来ています。

アモキシシリンの効果

効能・効果
梅毒、淋病、ヘリコバクター・ピロリ感染症、皮膚感染症、咽頭・喉頭炎、扁桃炎、急性気管支炎、肺炎、リンパ管・リンパ節炎、膀胱炎、前立腺炎、乳腺炎、骨髄炎、精巣上体炎、子宮内感染、涙嚢炎、麦粒腫、中耳炎、歯周組織炎、胃潰瘍・十二指腸潰瘍

アモキシシリンは様々な感染症に対して治療効果を持っており、梅毒だけではなく多くの感染症の方に処方される薬です。

アモキシシリンは淋病や、気管支炎、扁桃炎など多くの病院で使用されています。

アモキシシリンの服用方法

推奨用量 【梅毒治療の場合】
250mg…2錠
500mg…1錠(アモキシシリンとして500mg)

【ヘリコバクター・ピロリ感染症の場合】
250mg…3錠
500mg…1.5錠(アモキシシリンとして750mg)

【ヘリコバクター・ピロリ感染症以外の治療の場合】
250mg…2錠
500mg…1錠(アモキシシリンとして500mg)

1日の服用回数 【梅毒治療の場合】
4回まで

【ヘリコバクター・ピロリ感染症の場合】
2回まで

【ヘリコバクター・ピロリ感染症以外の治療の場合】
4回まで
服用間隔 4時間以上空ける
服用する日数 【梅毒治療の場合】
第1期…2~4週間
第2期…4~8週間

【ヘリコバクター・ピロリ感染症の場合】
7日間

アモキシシリンを服用する際は水かぬるま湯にで服用してください。梅毒の治療でアモキシシリンを服用する際は自己判断で飲むことを中止せず、決められた日数は飲むようにしましょう。

アモキシシリンの成分について

細胞壁の合成を防ぎ、細菌を死滅させます。

細胞壁が合成するD-アラニル-D-アラニンという酵素とアモキシシリンが似ていることからD-アラニル-D-アラニンの代わりにアモキシシリンがペニシリン結合タンパク質と合成します。そうすると細胞壁が作られなくなり、細菌が溶け死滅します。

アモキシシリンの副作用

主な副作用
下痢、食欲不振、発心、味覚異常、軟便など

アモキシシリンの副作用は主に消化器系の症状で、抗生物質によく現れる副作用です。強力な作用を持つ抗菌作用が適応菌種だけではなく腸内善玉菌にも働くため、効果発現と同時に腸にいくらか副作用を受けることも少なくありません。

ただ、アモキシシリンは適応菌種が少ないため腸内の善玉菌に悪影響を及ぼすことはあまりなく、他の抗生物質と比較して副作用の発症率は低い薬剤です。

アモキシシリンの注意事項

服用に注意が必要な人
  • ペニシリン系薬剤に対して過敏症が出たことがある方
  • 高度肝機能障害を治療中の方、高度肝機能障害の65歳以上の高齢者
  • ショック症状をおも地の方
  • 伝染性単核症にかかっている方
服用してはいけない人
  • アモキシシリンかペニシリン系抗生物質に過敏症がある方
  • 妊娠中、もしくはその可能性のある方
  • 授乳中の方
併用注意薬
  • ワルファリンカリウム
  • 経口避妊薬(ピル)
  • プロベネシド

アモキシシリンの口コミ

アモキシシリン
アモキシシリンは梅毒治療の第一選択薬として知られており、他に淋病やインフルエンザ、ヘリコバクター・ピロリ、溶連菌など多くの感染症に対して効果を発揮...
1,780 円~
23% OFF