【正規品保証】海外医薬品・サプリを会員登録不要で手軽にネット通販

レボクイン

メーカー:シプラ

250mg(20錠)

通常価格:¥2,680
通販特価:¥1,980
在庫状況 : 在庫あり
数量

500mg(10錠)

通常価格:¥2,980
通販特価:¥2,180
在庫状況 : 在庫あり
数量

750mg(5錠)

通常価格:¥3,980
通販特価:¥2,980
在庫状況 : 在庫あり
数量
到着目安
入金確認後5~15
発送国の天候や配送業者の都合で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域は、お届けが遅くなる場合があります。
上記日数は目安です。商品は海外からの発送の為、到着日数には余裕をもってご注文下さい。
現在新型コロナウイルス(COVID-19)の影響により各国の物流に遅れが生じています。通常より到着に時間がかかる場合がありますがご了承ください。
レボクイン
レボクイン
レボクイン
レボクイン
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK

レボクインについて

いろいろな疾患に効果のある抗菌薬
40種類以上の細菌性疾患の治療に使えます。
男性のクラミジアは84%、女性に対しては94%の改善率です。
呼吸器や耳鼻系の疾患にも83~100%の有効性が認められています。

レボクインはこんな方におすすめ

レボクインはクラビットのジェネリック薬で、40種類以上の細菌性疾患の治療に有効です。同じ有効成分レボフロキサシン配合ニューキノロン系抗菌薬で、皮膚感染症や呼吸器感染症、循環器感染症など、さまざまな部位の感染症に限定されないため、使いやすい感染症薬といえるでしょう。
性器クラミジアに対しての改善率は男女ともに84%以上です。Cipla(シプラ)社から発売されて依頼、世界中で多くの人に選ばれています。

レボクインの特徴

レボクインの適応症状は多く、クラミジア属細菌が原因となる尿道炎や性器クラミジア(子宮頚管炎)を筆頭に、40種類以上の細菌感染症に対応しています。主成分であるレボフロキサシンは、クラミジア属細菌に対してだけではなく歯周病を引き起こすレンサ球菌など多種多様な菌種に効く抗生物質です。

レボクインはクラビットの後発薬ですが、その効果は先発薬に劣りません。同じ有効性で安く入手できるため、治療が容易におこなえるようになっています。

レボフロキサシン臨床試験による細菌感染症への効果

有効成分レボフロキサシンの高い効果は、先発薬クラビットの臨床試験で証明されました。臨床試験はさまざまな細菌感染症に対しておこなわれましたが、単独の細菌で発症することが分かっている疾患は性器クラミジアです。性器クラミジアはクラミジア・トラコマティスが尿道や子宮頚管に観戦して起こる炎症で、試験での結果は以下の通りとなります。

性器感染症の試験は、クラミジア・トラコマティス性尿道炎にかかっている男性33名と、子宮頚管炎にかかっている18名の女性を対象におこなわれました。レボフロキサシン500mgを1日1回投与したところ、尿道炎の罹患者は84.8%(33名中28名)、子宮頚管炎の罹患者は94.4%(18名中17名)の症状改善がみられました。

その他の部位の細菌感染症に対する治療効果

性器クラミジア以外の試験では、咽頭など耳鼻系から呼吸器官、膀胱や精巣など排泄器官、生殖器、口腔内、消化器官系など多くの細菌性疾患への適応も認められています。

いずれの試験でも、性器クラミジアと同様にレボフロキサシン500mgが投与されましたがほとんどの感染症で80%以上の改善率が実証されました。

レボクインの効果

効果・効能
クラミジア感染症など40種以上の感染症
性器クラミジアに対して84%以上の改善率が認められています。

レボクインは非常に多くの細菌に対する殺菌作用があります。症状を引き起こす細菌の増殖そのものを抑える働きがあり、感染箇所の炎症を鎮め回復を促すことができます。

適応菌種の多さから全身のさまざまな感染症に有効で、性器クラミジアと称される尿道炎や子宮頚管炎から、膀胱炎、扁桃炎、前立腺炎、肺炎マイコプラズマなどの治療に用いられている治療薬です。

ペニシリンなど通常の抗菌薬が効きにくい感染症にも効くほか、二次感染の予防にも使われています。

レボクインの部位別適応疾患

皮膚
表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、慢性膿皮症、化膿性炎症を伴う痤瘡、外傷・熱傷のほか手術創等の二次感染
涙嚢炎、麦粒腫、瞼板腺炎
耳鼻咽頭・気管支
外耳炎、中耳炎、副鼻腔炎、化膿性唾液腺炎、咽頭・喉頭炎、扁桃炎、急性気管支炎
呼吸器系
肺炎、肺結核やその他の結核症、慢性呼吸器病変の二次感染
消化器
胆嚢炎、胆管炎、感染性腸炎、腸チフス、パラチフス、コレラ、歯周組織炎、歯冠周囲炎
胸部
乳腺炎
腎尿路生殖器
膀胱炎、腎盂腎炎、前立腺炎、精巣上体炎、尿道炎、子宮頸管炎、バルトリン腺炎、子宮内感染、子宮付属器炎
排泄器官
肛門周囲膿瘍
全身
顎炎、炭疽、ブルセラ症、ペスト、野兎病、Q熱

レボクインの適応菌種

クラミジア・ニューモニエ、マイコプラズマ・ニューモニエ、インフルエンザ菌、緑膿菌、レボクインに感性のあるブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌、腸球菌属、淋菌、モラクセラ・カタラーリス、炭疽菌、結核菌、大腸菌、赤痢菌、サルモネラ属、チフス菌、パラチフス菌、シトロバクター属、クレブシエラ属、エンテロバクター属、セラチア属、プロテウス属、モルガネラ・モルガニー、プロビデンシア属、ペスト菌、コレラ菌、アシネトバクター属カンピロバクター属、ペプトストレプトコッカス属、アクネ菌、コクシエラ・ブルネティ、クラミジア・トラコマティス、レジオネラ属、ブルセラ属、野兎病菌、

レボクインの服用方法

1回の用量 250mg錠は2錠
500mg錠は1錠
1日の服用回数 1回
服用期間 7日間

レボクインは1日1回、7日間継続して服用してください。成分の吸収率を良くし効果を高めるため、毎日同じ時間帯の服用が推奨されています。飲むタイミングは、食前食後どちらでも構いません。

飲み忘れた時は、その時点ですぐ服用しましょう。次回の服用時間が近い場合は、そちらを優先してお飲みください。1度の服用で限度量500mgを超えないようにご注意ください。

結核症の治療では抗結核薬と併用しましょう

肺結核をはじめとした結核症にレボクインを使用する際は、必ずイソニコチン酸ヒドラジドなど抗結核薬と一緒に飲まなければいけません。

腸チフス、パラチフスの改善は14日間服用します

通常のレボクインの服用期間は7日間ですが、腸チフスとパラチフスの治療薬として使用する場合の服用期間は14日間です。

レボクインの有効成分

レボクインの有効成分レボフロキサシンは、細菌のDNA複製を阻害することで増殖を防ぎ症状の悪化を止める作用があります。

レボフロキサシンはDNA複製に必須の酵素、DNAジャイレースとトポイソメラーゼⅣに対してのみ働きます。

これらは細菌だけが持つ酵素ですので、レボクインにより体に悪影響がおよぶことはありません。

レボクインの副作用

主な副作用
下痢、悪心、めまい、発疹、不眠など

どの症状も発症する可能性は少ないとされています。悪心や下痢など消化器官系の症状は、レボクインの有効成分が腸内細菌に作用することで現れます。

めまいや発疹、不眠もレボクイン服用による副作用ですが、いずれも発症率は低く一過性のものです。

レボクインの注意事項

服用に注意が必要な人
  • 高度の腎機能障害のある患者
  • てんかんなど痙攣性疾患、もしくはこれらの既往歴のある方
  • 重い心疾患を患っている方
  • 重症筋無力症にかかっている方
  • 高齢者
服用してはいけない人
  • レボフロキサシンかオフロキサシンに過敏症がある方
  • 妊娠中の方
併用注意薬
  • フェニル酢酸系やプロピオン酸系非ステロイド性消炎鎮痛薬
  • アルミニウムかマグネシウムが含まれる制酸薬など鉄剤
  • クマリン系抗凝固薬
  • QT延長を起こす可能性のある薬剤

レボクインの口コミ

レボクイン
レボクインはクラビットのジェネリック薬で、40種類以上の細菌性疾患の治療に有効です。同じ有効成分レボフロキサシン配合ニューキノロン系抗菌薬で、皮膚感...
1,980 円~
26% OFF