Loading…

お知らせ:[2024-04-12] 【重要】発送元の休業に伴う発送の遅延について

もっと見る

タミフル

メーカー

Roche

種類:

75mg

数量:

10錠

¥13,980

20錠

¥25,800

30錠

¥36,800

よく一緒に購入されている商品

商品説明

商品概要

商品名 タミフル
内容量 1箱/10カプセル
効果・効能 A型又はB型インフルエンザ治療薬またはその予防
用法・用量 1日2回、1回1錠(75mg)
有効成分 オセルタミビルリン酸塩
形状・剤形 カプセル剤
副作用 吐き気、嘔吐、頭痛、下痢など
メーカー Roche
発送国 シンガポール

タミフルの特徴

タミフルは、インフルエンザウイルスA型およびB型の治療と予防に使用される経口抗ウイルス薬です。有効成分のオセルタミビルはウイルスの増殖を阻害し、発症後48時間以内に服用を開始することで、症状の改善を早め、症状の軽減を図ります。日本ではインフルエンザ治療における第一選択薬として広く用いられており、豊富な治療実績があります。

治療用としては、1回75mgを1日2回、5日間服用し、予防用としては1回75mgを1日1回、7〜10日間服用します。予防としての有効性は、プラセボと比較した臨床試験において、タミフル服用群での発症率が大幅に低下することが確認されています。また、治療効果としては、服用開始から約2日〜3.5日でインフルエンザの症状が改善されることが実証されており、プラセボ群と比較して症状が改善するまでの時間が短縮されることが示されています。

タミフルはこんな方におすすめ

タミフル(一般名:オセルタミビル)は、インフルエンザウイルス感染症の治療および予防に使用される抗ウイルス薬です。

早期のインフルエンザ患者

インフルエンザの症状が出始めてから48時間以内に治療を開始することが推奨されています。タミフルはウイルスの増殖を抑える効果があるため、症状の軽減や回復時間の短縮が期待されます。

未感染者の予防対策

インフルエンザワクチンが不足している時、高リスク群の予防手段として使用されることがあります。また、集団発生があった際、感染拡大を防ぐために未感染者への予防投与が行われることがあります。

タミフルの効果・効能

タミフル(オセルタミビル)は、インフルエンザウイルスに対する抗ウイルス薬であり、以下のような効果と効能があります。

インフルエンザウイルスの増殖抑制

インフルエンザウイルスの増殖を抑えることで、ウイルスが体内で広がるのを防ぎます。これにより、症状の悪化を抑えたり、発症後の回復を早めたりすることができます。

症状の軽減

タミフルの服用は、インフルエンザの症状(発熱、筋肉痛、咳など)を軽減させる効果があります。

回復時間の短縮

インフルエンザにかかった際、タミフルを適切な時期に服用することで、全体の回復時間を短縮できる可能性があります。

重症化予防

特に高リスク患者において、タミフルは重症化するリスクを低減する効果が期待されます。

予防効果

インフルエンザが流行している時期や、集団発生が起こった場合に、感染の予防手段として用いられることがあります。

タミフルはインフルエンザウイルスのノイラミニダーゼという酵素を阻害し、これによってウイルスが細胞から放出されるのを阻止することでこれらの効果を発揮します。ただし、この薬はインフルエンザウイルスA型とB型に対してのみ有効であり、風邪のウイルスには効果がありません。

タミフルの投与は、症状が出始めてから48時間以内に開始することが推奨されていますが、高リスク患者の場合は、この時間枠を超えた後でも効果があるとされています。

タミフルの服用方法・使用方法

1回の用量 1錠(75mg)
1日の服用回数 2回(5日間経口投与)
服用間隔 1日2回を5日間経口投与
服用のタイミング 食前もしくは食後30分以内

タミフルを治療に用いる場合

通常、成人および体重が37.5kg以上の子供では、1回75mgを1日2回、5日間服用します。インフルエンザの症状が見られてから48時間以内に服用を開始してください。高リスク患者(免疫が低下している人、高齢者、慢性疾患を持つ人など)の場合は、この時間枠を超えた後でも効果がある場合があります。予防として使用する場合は、通常、1日1回の投与が推奨されます。

タミフルを予防に用いる場合

成人:通常、オセルタミビルとして1回75mgを1日1回、7~10日間経口投与する。

体重37.5kg以上の小児:通常、オセルタミビルとして1回75mgを1日1回、10日間経口投与する。

注意事項

タミフルは、インフルエンザウイルスA型およびB型にのみ効果があります。無断で服用を中止したり、用量を超えて服用したりしないでください。

何らかの副作用が現れた場合は、直ちに医師の診察を受けてください。また、妊娠中や授乳中の方、重篤な腎障害のある方、その他の持病を有する方は、医師と相談の上で使用してください。

タミフルの有効成分

タミフルの有効成分は「オセルタミビルリン酸塩(Oseltamivir phosphate)」です。これは、体内で活性型のオセルタミビルカルボキシレートに変換されるプロドラッグです。オセルタミビルカルボキシレートは、インフルエンザウイルスの表面に存在する酵素であるニューラミニダーゼを選択的に阻害します。

ニューラミニダーゼはウイルスが宿主細胞に感染する過程と、新たに生成されたウイルス粒子が感染細胞から放出される過程において重要な役割を果たしています。オセルタミビルがこの酵素の活動を阻害することで、インフルエンザウイルスの増殖を抑え、症状の悪化を防ぎ、感染の広がりを遅らせる効果があります。また、インフルエンザウイルスA型とB型の両方に効果がありますが、それ以外の呼吸器ウイルスや他の病原体には効果がありません。

タミフルの副作用

主な副作用

下痢や胃の不快感、腹痛、頭痛、疲労感や不快感などの副作用が伴うことがあります。これらの副作用はすべての人に起こるわけではなく、人によってその発現の程度は異なります。

タミフルの稀な副作用

重いアレルギー反応(アナフィラキシー)、皮膚反応や発疹、精神的な変化(混乱、自傷行為、異常行動など)、痙攣発作などが報告されています。特に小児や若年層の患者では、稀に精神神経系に関わる副作用が報告されており、異常行動や妄想、幻覚などの症状が起こることがあります。このため、タミフルを使用する際は、注意深く監視する必要があります。

いずれの副作用も、症状が重い場合や予想外の反応が見られた場合は、直ちに医療機関を受診しましょう。

注意事項

タミフルはインフルエンザの症状が発現してから48時間以内にタミフルの服用を開始することが推奨されています。また、タミフルは吐き気、嘔吐、頭痛、下痢などの副作用を引き起こすことがあります。特に小児や青少年では、異常行動や精神神経系に関連する副作用が起こることがあるため、特に注意が必要です。症状の改善を感じても、医師の指示なしに治療を中止しないでください。また、予期せぬ副作用や異常があらわれた場合は、すぐに医療機関を受診しましょう。

タミフルを使用してはいけない人

  • 過敏症のある人:タミフルまたはその成分に対して過敏症の既往歴がある人は、重篤なアレルギー反応のリスクが高まるため、タミフルの使用は避けるべきです。
  • 重篤な副作用の経験者:タミフルの服用により過去に重篤な副作用を経験した人は、同様の副作用が再発する可能性があるため、使用を避けるべきです。
  • 特定の医療状態を有する人:既存の特定の健康状態や病歴があり、タミフルの使用が状態を悪化させる恐れがある場合、使用しないでください。

タミフルの使用に注意する人

  • アレルギー反応の既往歴がある人:タミフルの成分に過敏症の既往歴がある人は、重篤なアレルギー反応のリスクがあるため使用を避けるべきです。
  • 小児:小児や青少年において、タミフルは異常行動や精神神経系の副作用を引き起こす可能性があるため、これらの年齢層での使用には特に注意が必要です。保護者や医療提供者は患者を密に監視し、異常行動の兆候に警戒する必要があります。
  • 妊娠または授乳中の女性:妊娠中または授乳中の女性は、医師との相談の上で慎重に使用する必要があります。
  • 腎機能障害を持つ人:腎機能が低下している人は、タミフルの排泄が遅れる可能性があるため、通常よりも低い用量が推奨されることがあります。
  • 他の薬を服用している人:他の薬剤との相互作用によって、タミフルの効果が変化する可能性があるため、他の薬を服用している人は医師に相談してください。
  • 慢性疾患を持つ人:慢性の呼吸器疾患、心血管疾患、または免疫不全状態などの慢性疾患がある人は、タミフルの使用には注意が必要です。

タミフルの併用禁忌

  • 現在報告されておりません。

タミフルの併用注意

  • 現在報告されておりません。

参考サイト

タミフルに関するよくあるご質問

Q:タミフルの服用中にアルコールを摂取しても大丈夫ですか?

A:タミフルの服用とアルコールの直接的な相互作用についての報告は特にありませんが、アルコールは免疫系を抑制する可能性があるため、服用中はアルコールの摂取を控えることが一般的に推奨されています。

Q:タミフルは子供にも安全ですか?

A:タミフルは1歳以上の子供に対して安全であると考えられていますが、小児においては精神神経系に関連する副作用が報告されているため、使用にあたっては慎重な判断が必要です。

Q:タミフルの服用を忘れた場合、どうすれば良いですか?

A:次の服用時間が近い場合を除き、思い出した時点でできるだけ早く服用してください。ただし、二回分を一度に服用することは避けてください。

Q:インフルエンザワクチンを受けている場合もタミフルを服用できますか?

A:はい、インフルエンザワクチンを受けていても、インフルエンザウイルスに感染した場合はタミフルの服用が推奨されることがあります。

Q:タミフルは妊娠中や授乳中に服用しても安全ですか??

A:妊娠中や授乳中の女性がタミフルを服用するかどうかは、医師の判断によります。医師の指示に従って下さい。

レビュー・口コミ

2022年12月10日

タミフルを予防用に購入。副作用の心配はないけれど、実際に効果があるかはまだ不明。手元にある安心感はあるものの、実証待ちの状態。

M さん

2021年1月16日

タミフルが病院に行かなくても買えるなんて助かります。たまにインフルだと診てもらえない所があるので、そういった場合に備えて常備してます。

櫛田 さん

医薬品等の通販・個人輸入について

医薬品等の個人輸入については、日本の薬機法(旧薬事法)により規制が存在します。これは個人の使用を目的とした購入のみが許可されており、他人のために通販で購入したり、購入後に第三者に譲渡したりする行為は禁止されています。ご注文は、個人で使用する分に限り、許可された数量の範囲内で行ってください。

医薬品等の通販・個人輸入について詳しくはこちら

お支払い‧配送について

お支払い方法

  • 銀行振込
  • クレジットカード決済
  • コンビニ決済

お届け日の目安

  • お届け日の目安は入金確認後 5 – 15日
  • 入金確認後2営業日以内に発送手配を行います。
  • 商品には複数の出荷国があり、在庫状況からご注文に対して最適になる発送国より発送されます。発送手配から3日前後で発送されます。
  • 商品の発送後にメールで追跡番号をご案内します。発送状況は日本郵便の個別番号検索よりご確認頂けます。
  • 発送国の天候や配送業者の都合で、お届けが遅くなる場合があります。
  • 離島・遠隔地等一部地域は、お届けが遅くなる場合があります。
  • 上記日数は目安です。商品は海外からの発送の為、到着日数には余裕をもってご注文下さい。
  • 現在新型コロナウイルス(COVID-19)の影響により各国の物流に遅れが生じています。通常より到着に時間がかかる場合がありますがご了承ください。

到着商品

  • 製薬会社の都合により、実際に届く商品と写真が異なる場合がございます。
  • 商品によってはシートごとのお渡しになる場合もございますので、あらかじめご了承ください。

記事の著者情報と記事監修した商品

生年月日:1989年4月15日
趣味:ヨガ、料理(ヘルシーなレシピ開発と世界の料理を試すこと)
経歴:薬学部卒業後、国内外の製薬会社での研究職を経て、医学・薬学ジャーナリストへ転職。その後、出産を機に研究者としての経験を生かし、お薬市場スタッフに転身した一児のママ。専門的な内容をわかりやすく解説する記事が魅力です。

ノルパック

ノルパック

アフターピル 避妊
4
¥2,480
ダイトール

ダイトール

むくみ解消 美容・スキンケア
6
¥2,980

関連記事