Loading…

お知らせ:[2024-04-12] 【重要】発送元の休業に伴う発送の遅延について

もっと見る

オルリファスト

メーカー

Lloyd Laboratories Inc.

種類:

60mg

120mg

数量:

42(錠)

¥3,780

84(錠)

¥6,780

168(錠)

¥13,280

252(錠)

¥19,400

商品説明

商品概要

商品名 オルリファスト(Orlifast)
内容量 1箱/42カプセル
効果・効能 体重減少、糖尿病予防、血圧降下、脂質異常症の改善
用法・用量 1日3回まで、1回60~120mg
有効成分 オルリスタット
形状・剤形 カプセル剤
副作用 頭痛、腹痛、腹部の不快感、排便の増加、脂肪便、便失禁など
メーカー Lloyd Laboratories Inc.
発送国 香港

オルリファストはこんな方におすすめ

オルリファストは、肥満や過食などで体重管理にお悩みの方におすすめの肥満治療薬でゼニカルのジェネリック医薬品です。オルリファストをおすすめする方を次にまとめたので紹介します。

BMIが30以上の肥満症またはBMI27以上の生活習慣病の方

これはオルリファストの先発品である「ゼニカル」の適応をFDA(アメリカ食品医薬品局)が示したものになります。BMIとは体重と身長を用いて肥満度を表す指標です。BMIは次のように算出されます。

  • BMI=【体重(kg)】÷【身長(m)の2乗】

WHO(世界保健機関)の基準ではBMIが30以上で「肥満」と定められています。厚生労働省のHPではBMIは25を超えると糖尿病などの生活習慣病のリスクが2倍以上になるため、より積極的な治療のためにオルリファストの服用がおすすめとなってきます。

過剰な食事量を抑えたい方

肝臓から分泌されるリパーゼと呼ばれる酵素を阻害し、脂肪の吸収を抑制します。そのため、食事に含まれる脂肪吸収を抑えることでカロリー摂取量を減らすことができます。脂っこいものが好きでつい食べ過ぎてしまう方におすすめです。

運動する時間がない方

仕事などで運動する時間が確保できない方にはおすすめです。肥満の改善には食事の改善と運動が必要ですが、運動に取り組む時間がない方でも食事の改善のみでダイエットを進めることが出来ます。

ダイエットが続かない方

ダイエットを始めてみても、継続することが難しい方におすすめです。オルリファストは食事の直後に服用するだけで良いので、カロリー制限や運動するのが苦手な方でも手軽にダイエットを進めることが出来ます。

オルリファストの特徴

肥満治療薬の説明

オルリファストはダイエットピルとも呼ばれ、ゼニカルと同等の効果のあるジェネリック医薬品です。

オルリファストの有効成分である「オルリスタット」には脂肪吸収抑制効果と体重減少効果の特徴を持ちます。脂肪吸収抑制効果は 食べ物に含まれる脂肪分の30%が吸収されずそのまま体外に排出されます。

服用すると油っぽい便が排出され、眼でもわかるくらいの黒い油が出るので視覚的にも効果が分かります。

オルリファストの60mgと120mgの違い

オルリファストには「60mg」と「120mg」という2つの用量があり、それぞれ痩せたい方のニーズに合わせた使い分けがおすすめです。

初めての方は60mg、すぐ痩せたい方は120mgがおすすめ

120mgのオルリファストは、効果が強力であるため、短期間での体重減少を目指す方に適しています。しかし、その分、副作用のリスクも高まる可能性があります。

一方、60mgはマイルドな作用で、日常生活に支障をきたさず、じっくりと体重を減らしたい方向けです。初めてオルリファストを使用する方は、まずは60mgから始めることがおすすめされています。

60mg・120mgの特徴

60mg 初めての方や少しずつ痩せたい方向け:効果がマイルド、副作用のリスクが小さい
120mg すぐに痩せたい方向け:効果が強く、副作用のリスクが高い

どちらの用量も、個人の体質や健康状態によって効果や副作用が異なるため、自分の体の反応を観察しながら使用してください。服用方法などに不安を感じる方は医師のアドバイスを求めるようにしてください。

当サイトでは、60mgと120mgのオルリファストを取り扱っており、お客様のダイエット目標や健康状態に合わせて選ぶことができます。目標体重に向けたスムーズなダイエットをサポートするために、是非当サイトで最適なオルリファストを見つけてください。

オルリファストの効果・効能

オルリスタットの効果

オルリファストは肥満治療薬として使用される医薬品です。腸での脂肪吸収を抑制させ、体内に摂取された脂肪分が減少します。効果・効能としては体重減少、糖尿病予防、血圧降下、脂質異常症の改善があげられます。

また、効果として排泄時に眼に見てわかる程の油が排出されます。事前にしっかり油漏れ対策をしておくことをお勧めします。

オルリファストの服用方法・飲み方

1回の用量 60~120mg
1日の服用回数 1日3回まで
服用間隔 前回の服用から24時間以上
服用のタイミング 食後、1時間以内

オルリファストの服用方法・飲み方について、効果を最大限に引き出すためのポイントをお伝えします。オルリファストは、食後に分泌されるリパーゼという酵素の働きを抑制し、摂取した脂肪の吸収を減らしてダイエットをサポートする薬です。そのため、リパーゼが活動する食後に服用するのが効果的です。

飲むタイミング

食事が終わった直後(1時間以内)が理想的です。食べ過ぎた後や、脂肪分の多い食事の後に服用するとより効果的です。食事中に長時間かかる場合は、食事中に服用するのも一つの方法です。

服用量

1回につき1錠、1日に最大3回までです。ゼニカルジェネリックも同様に、食事の際に服用します。飲み忘れた場合は、次の食事で通常どおりに1錠服用してください。2回分をまとめて服用することは避けましょう。

食事毎に変わる

すべての食事で必ずしも服用する必要はありません。特に脂肪分の少ない食事や食事を摂らなかった場合は、服用しても効果が見込めません。

副作用と注意点

オルリファストを服用する際は、120mgを超える服用は避け、副作用のリスクを最小限に抑えることが大切です。また、治療中の疾患がある場合や、他の薬との併用には特に注意が必要です。下記に併用時の注意事項があるので、ご覧ください。

オルリファストの効成分

オルリファストの有効成分はオルリスタットです。オルリスタットは、脂肪分解酵素であるリパーゼを阻害することにより、脂肪の消化・吸収を減少させる作用を持ちます。これにより、食事を食事から摂取された脂肪が一部排出されるため、体重の減少効果が見込めます。

オルリファストの副作用

メリットばかりではなく、オルリファストは副作用もあります。腸からの脂肪吸収を抑制するため、脂肪分解物が腸内に残留することがあるため、脂肪便や便秘などの副作用が発生することや無意識に肛門から便が出ることがあります。

そのため介護用パンツや生理用ナプキン、尿漏れパッドでの対策を行うことを推奨します。

また、長期間の連用により脱脂綿上の腸炎を引き起こすことがあるため、使用に不安がある方は医師や薬剤師に相談することをおすすめします。

オルリファストの注意事項

オルリファストの使用に注意する人

  • ゼニカルやオルリファストに含まれる成分にアレルギー反応を示す方
  • 食物の吸収に問題がある方
  • 胆のうに障害がある方
  • 甲状腺機能が低下している方
  • 摂食障害がある方
  • HIVに感染している方
  • 妊娠している可能性がある方、または妊娠している方

オルリファストの併用注意

  • シクロスポリン(シクロスポリンの濃度を低下させることがあります)
  • レボチロキシン(レボチロキシンの効果の減弱が出ることがあります)
  • ワルファリン(血液凝固能に影響が出ることがあります)
  • アミオダロン(体内に吸収されるアミオダロン量(暴露量)が低下することがあります)
  • 抗てんかん薬(オルリスタットとの服用でけいれんが出ることがあります)
  • 抗レトロウイルス薬(抗レトロウイルス薬の吸収が阻害されることがあります)

併用薬との飲み合わせに自信のない方は必ず医師または薬剤師に相談しましょう。

その他の注意事項

オルリファストを服用すると、体内での脂肪の吸収が抑えられるため、ビタミンA、D、E、Kといった脂溶性ビタミンが不足しがちになります。これらのビタミンを含むマルチビタミンのサプリメントを摂取する際は、オルリファストの服用から2時間以上空けることが大切です。サプリメントを摂るベストなタイミングは、就寝前となります。

さらに注意してほしいのが、オルリファストの服用でまれに肝機能障害(黄疸や食欲不振、右上腹部の痛み)が出ることがあり、症状が出たら服用を中止し、医師の診察を受けてください。

腎臓にも影響を及ぼすこともあります。尿中のシュウ酸という成分の上昇によるシュウ酸腎結石や腎不全につながることがあります。

これらの症状が出た場合も当然服用は中止し、診察を受けてください。これらの報告もあるため臓器に疾患のある方は、オルリファストを使用する場合は医師に必ず相談するようにしましょう。

オルリファストはあくまで脂肪吸収を減らす薬です。飲めば勝手に減量する薬ではありません。脂肪分が非常に多い食事と一緒に摂取した場合、胃腸に影響が出る可能性についても頭に置いといてください。オルリファストの服用を機に食事のバランスなどを見直すきっかけになると良いでしょう。

※上記は海外の添付文書等を参考にしています。本剤の使用に不安がある方は医師・薬剤師にご相談ください。

参考サイト

よくあるご質問

Q:油っぽい便が出た感じがしないのですが効いてるのでしょうか?

オルリガルは、食事の脂質を分解する酵素を阻害することで食事の脂質をそのまま排泄することになります。ただ、そもそも食事に脂質が少ないと効果が感じられにくいこともあります。

Q:飲み忘れてしまったのですが、その時はどうしたらいいですか?

オルリガルは、体の中に入る薬ではなく食事の脂質をそのまま排泄させる薬であるため、食事がある状態であることが大切になっていきます。飲み忘れに気づいて2時間近く経過してしまっている場合には、食べ物はもう消化してしまっています。そのための飲み忘れた分はスキップしてください。倍量飲んでも効果があるものでもないです。

Q:肌が乾燥しやすくなった気がするのですが?

オルリガルによって、脂質が一部カットされているため肌の状態が乾燥しやすくなることは考えられます。その場合には、スキンケアで油分を補ってあげることをするか、服用回数を減らしてみましょう。

Q:オルリファストは安全ですか?

安全ですが、効果や副作用には個人差があります。また、併用注意薬もありますので、不安な点は医師に相談することをお勧めします。

Q:オルリファストの効果はどのくらい持続しますか?

脂肪の吸収抑制を期待できるのは服用から1~2時間とされています。

Q:オルリファストを服用してどのくらいで効果が現れますか?

ダイエット効果を実感し始めるまでの期間には個人差がありますが、目安としては服用を始めてから2.3週間程度です。服用して1週間効果が出なかったとしても、2,3週間ほど継続してから判断すると良いでしょう。

レビュー・口コミ

2023年9月14日

このオルリファスト、初めて使ってみたけど、なかなか良かったよ。ただ、飲むタイミングがちょっと難しくて、何回か失敗してトイレ事情がやばかった。でも、使い方が分かれば、食事の罪悪感を減らしてくれるから続けてみようと思う。

ユミ さん

2023年8月3日

オルリファストを使い始めてから、食後の油の排出が目に見えてわかるので、その効果は実感しています!体重も徐々に減ってきたのでダイエット効果もちゃんとあります。ただ、トイレが汚れやすいのでする前にティッシュを敷きつめてするようにしてます。

トイレの神様 さん

2022年12月19日

本当にすごい!!効果が目に見てわかるのでとても実感します。ただトイレに行くタイミングはすごく難しいです。パンツにナプキンだけでは不安で、おむつにナプキンを数内重ねてつけています。

やまさん さん

2022年11月4日

ゼニカルに頼ってたけど値段が高いのでジェネリックを試してみた。 結果的にゼニカル飲んでた時と変わらない効果が出たからコスパ最高です!

とろ さん

2022年7月17日

初めて飲んだ時は油漏れに驚きましたが、それが効果の証拠だと思って続けています。体重も少し減ったので、これからも続けていきたいと思います。

miho さん

2021年5月21日

ネットでオルリファストの評判を見て、食事の脂肪分を減らす助けになると思い購入しました。飲んでみたところ、確かに油っぽい食事後はトイレで油を出てきました。これからも続けていこうと思います。

マリコ さん

2021年5月4日

オルリファストを使ってから、脂っこい食事の後の体重増加が気にならなくなりました。ただ、油が出るのが予測不可能なので、常にトイレの近くにいる必要があります。効果はあるけれど、使用を続けるかはまだ決めかねています。

misa さん

記事の著者情報と記事監修した商品

薬の知識と薬剤師としての専門性を活かし、医薬品に関する情報を豊富に提供しています。美容、健康、日常生活の分野についても深い理解を有しており、その知識を基に、商品情報を詳細に解説しています。

レボタス

レボタス

クラミジア・淋病・梅毒 性病・感染症
0
¥2,280
2080歯みがき粉 (Cavity Protection)

2080歯みがき粉 (Cavity Protection)

ホワイトニング・歯磨き粉 美容・スキンケア
4
¥2,300