Loading…

お知らせ:[2024-04-12] 【重要】発送元の休業に伴う発送の遅延について

もっと見る

モーニングピル

数量:

3錠

¥4,980

5錠

¥7,880

10錠

¥14,800

1錠

¥2,080

商品説明

商品概要

商品名 モーニングピル(morningpill)
内容量 1箱/1錠
効果・効能 緊急避妊
用法・用量 1日1回、1錠
有効成分 レボノルゲストレル
形状・剤形 錠剤
副作用 消退出血、不正子宮出血、下腹部痛、吐き気、頭痛、倦怠感、眠気、めまい、乳房圧痛、月経過多、不安感など
メーカー Healing Pharma
発送国 香港

モーニングピルの特徴

モーニングピルは、有効成分「レボノルゲストレル」を含有している緊急避妊薬(アフターピル)で、 日本でも認可されているノルレボのジェネリック医薬品です。 モーニングピルは、性行為中の避妊に失敗してしまった場合や措置を取れなかった場合などに適しています。 性交後、1回1錠を12時間以内の服用で99.5%、72時間以内で84%の高い妊娠阻止率を得られると報告されている経口薬です。

モーニングピルはこんな方におすすめ

モーニングピルの購入を検討されている方向けに、薬の効果を実感しやすい対象を紹介していきますので参考にしてみてください。

避妊具が機能しなかった方

避妊具を使用していたにも関わらず、トラブルにより避妊に失敗してしまった可能性がある場合におすすめです。

ピルの服用を忘れやすい方

ピルによる避妊は、毎日継続して服用する必要があるため、飲み忘れてしまうことがあります。モーニングピルであれば、性行為後に服用すればいいので手軽でおすすめです。

男性と交わるのが好きで持ち歩きたい方

男性との夜の営みが好きな方で、いざという時のために持ち歩いていたい方にもおすすめです。

モーニングピルの効果・効能

モーニングピルの有効成分レボノルゲストレルでは、緊急避妊法の中で比較的新しいもので日本では2011年に承認されました。 今までは中用量ピルを用いた緊急避妊法が主流でしたが、それらよりも妊娠阻止率が高いことや副作用も比較的少ないのがメリットです。

モーニングピルの臨床試験

海外の臨床試験では、性交後12時間以内にモーニングピルを服用した場合の妊娠阻止率は99.5%72時間以内では84%だったとの報告があります。

モーニングピルの服用方法・使用方法

1回の用量 1回1錠
1日の服用回数 1日1回
服用間隔 1日
服用のタイミング 性行為後72時間以内

モーニングピルは、高い妊娠阻止率を得られますが、妊娠が100%回避できるものではありません

また、モーニングピルを服用してから、2時間以内に嘔吐や下痢で排出されてしまった場合、薬の効果が十分に発揮されない可能性があります。

モーニングピルの服用後は、3週間以内に、消退出血と呼ばれる生理のような出血が起こります。もしも確認してもよくわからない場合には、適切な時期に医師の診察を受けることをおすすめします。

モーニングピルの有効成分

モーニングピルの有効成分レボノルゲストレルは、女性ホルモンの1つである黄体ホルモンをであり、一時的に黄体ホルモンの体内濃度が上昇させることで排卵が抑制され、 子宮内膜の増殖を抑えて受精卵の着床を防ぐ効果が期待できます。また、子宮内へ精子を入りにくくし、性交後に緊急で妊娠を防ぐ効果 にも期待ができます。

モーニングピルの副作用

モーニングピルの主な副作用として以下のものが報告されております。

  • 消退出血
  • 不正子宮出血
  • 下腹部痛
  • 吐き気
  • 頭痛
  • 倦怠感
  • 眠気
  • めまい
  • 乳房圧痛
  • 月経過多
  • 不安感

モーニングピルは緊急避妊薬になりますので、このような副作用が出ているときは女性ホルモンのバランスを崩しているサインでもあります。薬が効いていることによるものです。

モーニングピルの服用に後耐えられないほどの不調が出たり、体調が回復しない場合には医師の診察を受けるようにしてください。

モーニングピル使用上の注意事項

モーニングピルの使用に注意する人

  • 授乳中の方
  • 肝障害のある方
  • 心疾患、腎疾患のある方

モーニングピルを使用してはいけない人

  • レボノルゲストレルに過敏症の既往歴のある方
  • 妊娠中の方
  • 重篤な肝障害のある方

モーニングピルの併用禁忌薬

  • 特に報告されていません。

モーニングピルの併用注意薬

  • 抗けいれん薬(フェノバルビタール、フェニトイン、プリミドン、カルバマゼピン)
  • HIVプロテアーゼ阻害剤(リトナビル)
  • 非ヌクレオシド系逆転写酵素阻害剤(エファビレンツ)
  • リファブチン
  • リファンピシン
  • セイヨウオトギリソウ(セント・ジョーンズ・ワート)含有食品

モーニングピルは、妊娠が100%回避できるものではありません。

モーニングピルの服用から3週間以内に、消退出血と呼ばれる生理のような出血が起こります。

もしも確認してもよくわからない場合には、適切な時期に医師の診察を受けることをおすすめします。

参考サイト

モーニングピルに関するよくあるご質問

Q:性行為後、何時間以内に服用したらいいですか?

A:最長でも72時間以内に服用してください。それ以降は緊急避妊効果が得られない可能性が高まります。できるだけ早めの服用がおすすめです。

Q:すでにピルを常時服用しているのですが、その時も使えますか?

A:すでにピルを服用しているのであれば、そちらを優先してください。

Q:出血したら後であれば、また性行為を楽しめますか?

A:3週間以内に不正子宮出血が確認できれば可能ですが、妊娠初期の着床出血と区別が付きにくいこともあるため不安であれば医師の診察を受けてみてください。

レビュー・口コミ

まだレビューはありません

記事の著者情報と記事監修した商品

薬剤師の資格を持ち、医療・健康・美容についての幅広い知識を基に、一貫した視点で記事作成を行っています。抗加齢医学、カンナビノイド、栄養カウンセリング等、多彩な専門知識を活かした情報提供が魅力です。

エブラ(避妊パッチ)

エブラ(避妊パッチ)

その他の避妊薬・避妊具 避妊薬
3
¥4,480
オブラルG

オブラルG

ホルモン剤 低用量ピル 更年期障害 緊急避妊薬(アフターピル) 避妊薬
2
¥2,080