Loading…

お知らせ:[2024-04-12] 【重要】発送元の休業に伴う発送の遅延について

もっと見る

【数量限定】グルコバイ

メーカー

Bayer

種類:

50mg

数量:

180(錠)

¥4,980

商品説明

商品概要

商品名 グルコバイ(Glucobay)
内容量 1箱/90錠
効果・効能 糖尿病の食後過血糖の改善
用法・用量 1日3回、2錠(アカルボースとして100mg)
有効成分 アカルボース
形状・剤形 錠剤(経口服用タイプ)
副作用 放屁増加、腹部膨満・鼓腸(ガスがたまる)、軟便など
メーカー Bayer
発送国 香港

グルコバイの特徴

グルコバイは、従来の糖尿病治療薬にはなかった比較的新しいタイプの糖尿病治療薬で、食後過血糖改善薬とも呼ばれます。

今までにはなかった新しいメカニズムで糖尿病を治療でき、食事に含まれている糖分の吸収を抑えることで糖尿病を治療できます。

糖尿病を治療することで、命にかかわるような合併症(神経障害、網膜症、腎臓病など)の発症を予防でき、延命効果が期待できます。

グルコバイはこんな方におすすめ

食事内容や運動療法を試したり、他に糖尿病治療薬を使っているのにHba1C(血糖値をあらわす糖尿病の指標)が下がらない方におすすめです。

また、日本を含め先発品として製造されているので、ジェネリック医薬品を服用するのに不安がある方でも安心して服用できます。

普段通りの食事をしても糖尿病治療ができる

グルコバイは食事に含まれている糖分の吸収を抑制することで糖尿病治療効果を発揮するため、グルコバイを食事の直前に服用すれば普段通りに食事をしていても糖尿病治療をすることができます。

血糖降下作用は弱いが重篤な副作用は起こしにくい

グルコバイは血糖値を下げるホルモンであるインスリンを介する直接的な血糖降下作用はありません。そのため低血糖などの重篤な副作用は起こりにくく、安全性が高いといわれています。

しかしその反面、血糖降下作用はそれほど強くは無いので、他の血糖降下薬と併用して用いられることが多いです。

世界中で先発品として承認・販売されているので安心感がある

グルコバイは先発品として日本やアメリカ、ドイツなど世界中の国や地域で承認・販売されています。

その有効性と安全性は数多くの臨床実績で証明されており、ジェネリック医薬品を服用するのに抵抗がある方でも、先発品なので安心して服用することができます。

ダイエット目的で徐々に痩せたい方

グルコバイを服用することで、普段通りの食事をしていても糖分の吸収を抑えることができます。また、食欲抑制効果もあり、自然に食事量を減らすことができるでしょう。グルコバイはダイエット目的での処方は、自由診療となりますが、本サイトであれば、1錠あたり21円~購入が可能です。

グルコバイの効果・効能

糖尿病の食後過血糖の改善(ただし、食事療法・運動療法によっても十分な血糖コントロールが得られない場合、または食事療法・運動療法に加えて経口血糖降下薬若しくはインスリン製剤を使用している患者で十分な血糖コントロールが得られない場合に限る)に用います。

ダイエット目的で使用する場合

グルコバイは、血糖値の上昇を抑えて痩せやすい体づくりを目指す方におすすめです。

症状ごとにおすすめのダイエット薬

油の吸収をカットしたい方 食事の脂肪吸収を抑えるオルリスタットを含むダイエット薬がおすすめ
ゼニカルオルリファスト
食べ過ぎを改善したい方 食欲抑制効果があるセマグルチドを含むダイエット薬がおすすめ
リベルサス
筋肉と代謝を上げたい方 筋肉増加効果と体内のエネルギー効率を良くするメトホルミンを含むダイエット薬がおすすめ
アポメトホルミンメトホルミン
太りにくい体にしたい方 血糖値の上昇を抑えて痩せやすい体にするアカルボースを含むダイエット薬がおすすめ
本商品、グルコバイ

グルコバイの服用方法・使用方法

1回の用量 2錠(アカルボースとして100mg)
1日の服用回数 3回
服用間隔 4~6時間
服用のタイミング 毎食直前

通常、成人は1回2錠(アカルボースとして100mg)を1日3回食直前に服用します。1回1錠(50mg)から開始し、状態を確認してから2錠(100mg)へ増量する場合もあります。年齢・症状により適宜増減します。

グルコバイの有効成分

有効成分アカルボースは食後過血糖改善剤で、α-グルコシダーゼ阻害剤(α-GI)とよばれているグループに属する薬です。腸管でのブドウ糖の吸収を遅らせ、食後の血糖値が急激に上昇するのを抑える作用があります。

具体的な作用メカニズムは、小腸粘膜微絨毛膜に存在するグルコアミラーゼなどの酵素をアカルボースが阻害することで血糖降下作用を発揮します。

砂糖や炭水化物などの糖分を含む食物を摂取後、糖分はブドウ糖に分解されることで腸内から体内に吸収されます。グルコアミラーゼは糖分を分解し、ブドウ糖に変換するのに関与しています。

アカルボースがこのグルコアミラーゼの働きを阻害することで、糖分を分解してブドウ糖に変換されるのが遅くなり、それによって体内に吸収されるブドウ糖の吸収スピードが遅くなるので食後の急激な血糖上昇が抑えられます。

グルコバイの副作用

主な副作用として、放屁増加、腹部膨満・鼓腸(ガスがたまる)、軟便などが報告されています。

まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した重篤な副作用の初期症状である可能性があります。

  • 異常な空腹感、冷や汗、手足のふるえ[低血糖]
  • ひどい腹部膨満、持続する腹痛、嘔吐[腸閉塞]
  • 全身けん怠感、吐き気、皮膚や白目が黄色くなる[肝機能障害・黄疸]

以上の副作用はすべてを記載したものではありません。上記以外でも気になる症状が出た場合は、医師または薬剤師に相談するよう注意喚起がされています。

グルコバイの注意事項

グルコバイの使用に注意する人

  • 開腹手術の既往または腸閉塞の既往のある患者…腸内ガス等の増加により、腸閉塞があらわれることがあります。
  • 胃腸障害のある患者…グルコバイの投与により鼓腸、放屁、下痢等の消化器症状を増強する可能性があります。
  • ロエムヘルド症候群、重度のヘルニア、大腸の狭窄・潰瘍等のある患者…腸内ガスの発生増加によって、症状が悪化することがあります。
  • 重篤な腎機能障害のある患者…クレアチニンクリアランス25mL/min未満の患者では血中活性物質濃度は腎機能正常者に比べて約4~5倍上昇することが報告されており、副作用を起こすおそれがあります。
  • 重篤な肝機能障害のある患者…代謝状態が不安定であり、血糖管理状況が大きく変化するおそれがあります。グルコバイの肝機能障害患者を対象とした臨床試験も実施されていません。
  • 授乳婦…治療上の有益性および母乳栄養の有益性を考慮し、授乳の継続または中止を検討してください。動物実験(授乳ラット)で乳汁中へ移行することが報告されています。
  • 小児等…小児を対象とした臨床試験は実施されていません。
  • 高齢者…経過を十分に観察しながら慎重に投与する必要があります。

グルコバイを使用してはいけない人

  • 重症ケトーシス(吐き気、甘酸っぱい臭いの息、深く大きい呼吸)、糖尿病性昏睡または前昏睡の患者…輸液およびインスリンによる速やかな高血糖の是正が必須となるため。
  • 重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者…インスリンによる血糖管理が望まれる。
  • グルコバイの成分に対して過敏症の既往歴のある患者…服用することで再度過敏症を起こすおそれがある。
  • 妊婦または妊娠している可能性のある女性…妊娠中の投与に関する安全性は確立していません。

グルコバイの併用禁忌

  • 現在のところ、特に報告されておりません。

グルコバイの併用注意

  • スルホニルウレア系薬剤、スルホンアミド系薬剤、ビグアナイド系薬剤、インスリン製剤、インスリン抵抗性改善剤、速効型食後血糖降下剤…低血糖があらわれることがあります。併用時には低用量から開始することが推奨されています。または他の糖尿病用薬の用量を調整するなど慎重に投与する必要があります。
  • β遮断薬、サリチル酸剤、モノアミン酸化酵素阻害剤等…血糖降下作用が増強され、副作用を起こすおそれがあります。
  • アドレナリン、副腎皮質ホルモン、甲状腺ホルモン等…血糖降下作用が減弱され、なおかつグルコバイの作用により、良好な血糖コントロールが難しくなるおそれがあります。
  • ジゴキシン…併用するとジゴキシンの血中濃度が上昇あるいは低下することがあり、効果が減弱あるいは強くなりすぎるおそれがあります。
  • ラクツロース、ラクチトール水和物…消化器系の副作用が増強される可能性があります。
  • 炭水化物消化酵素製剤(ジアスターゼ等)…両剤の薬効に影響を及ぼすおそれがあります。

グルコバイに関する重要な基本的注意

  • お腹の張り(腹部膨満)やオナラ(放屁)などの消化器系の副作用はグルコバイの服用を開始した初期に起こりやすいのですが、時間の経過とともに消失することが多いです。そのため、症状に応じて様子をみてグルコバイの減量をするか、消化管内ガス駆除剤などのお薬を併用するか、副作用が耐えられないのならばグルコバイの服用を中止するかどうか検討してください。
  • 劇症肝炎などの重篤な肝機能障害があらわれることがあります。これらはグルコバイの服用を開始して概ね6ヵ月以内に起こることが多いので、服用開始後6ヵ月以内までは月1回、その後も定期的に肝機能検査を受けることが推奨されています。
  • 低血糖症状による意識喪失などを起こすおそれがあるので、高所作業、自働車の運転など危険な機械の操作は避けるように注意喚起がされています。

参考サイト

グルコバイに関するよくあるご質問

Q:低血糖症状(お腹がすく、冷汗が出る、血の気が引く、疲れやすい、手足のふるえ、痙攣、意識の低下など)があらわれたときは、ジュースや飴玉を飲めば回復しますか?

A:グルコバイは食事に含まれている糖分の吸収を抑制するお薬です。もしも低血糖を起こした時にジュースや飴玉を摂取しても吸収が阻害されてしまい、下がり過ぎてしまった血糖値を回復させることができません。グルコバイを服用している時は、ブドウ糖を摂取するしか低血糖を改善する方法が無いため、ジュースや飴玉ではなくブドウ糖を補給するようにしてください。

低血糖を起こした時のために、ブドウ糖をあらかじめ購入して手元に置いておくのもおすすめです。

Q:食事を摂らなくてもグルコバイを服用してもいいですか?

A:グルコバイは食事に含まれている糖分の吸収を抑えることで糖尿病治療効果を発揮します。食事とともに服用しなければ意味が無いので、食事を抜くのであればグルコバイを服用しなくても構いません。

レビュー・口コミ

2022年5月6日

食事制限をしながらグルコバイを飲んでいます。食事制限だけではなかなか体重が減らなかったのですが、グルコバイを飲み始めてからは少しずつ減っています。

まゆみ さん

2021年9月14日

グルコバイを飲んでから食後の血糖値が安定してきたように感じます。体重はそれほど変わっていないですが、血糖値が安定していると安心します。

久保田 さん

記事の著者情報と記事監修した商品

専門薬剤師(研修認定薬剤師)の資格を持つ現役の薬剤師であり、その知識と経験はお薬だけにとどまらず、美容、サプリメント、ダイエット、健康全般にわたります。一人ひとりの健康や美しさを追求するための信頼できる情報を提供しています。

フォシーガ

フォシーガ

ダイエット薬 トレーニング・ダイエット 生活習慣病 糖尿病・高血糖値
3
¥6,080
メトホルミン

メトホルミン

ダイエット薬 トレーニング・ダイエット 生活習慣病 糖尿病・高血糖値
3
¥5,380