Loading…

お知らせ:[2024-04-12] 【重要】発送元の休業に伴う発送の遅延について

もっと見る

【数量限定】フォシーガ

メーカー

AstaZeneca Pharma

種類:

10mg

数量:

28(錠)

¥3,980

商品説明

商品概要

商品名 フォシーガ(Forxiga)
内容量 1箱/28錠、1シート/14錠
効果・効能 糖尿病、慢性心不全、慢性腎臓病
用法・用量 1日1回、1~2錠(ダパグリフロジンとして5~10mg)
有効成分 ダパグリフロジン
形状・剤形 錠剤(経口服用タイプ)
副作用 性器感染、尿路感染、体液量減少、便秘、口渇、頻尿、尿量増加、陰部の痒みなど
メーカー AstaZeneca Pharma
発送国 インドなど

フォシーガの特徴

フォシーガは強力な体重減少効果を持つ糖尿病治療薬で、余分な糖分を尿と一緒に排出し、血糖値を下げる効果があります。さらに体の水分バランスを整えることで心臓や腎臓の負担軽減に期待ができます。日本を含む世界中で承認・販売されており、特に体重が重い糖尿病患者に推奨されています。

フォシーガは同系統のお薬と比較して、食事による影響を受けないことから、食前・食後のどのタイミングに服用しても良好な効果が得られます。飲み忘れ防止などの観点から1日1回朝食後に服用するよう指示されることが多いですが、基本的に食事の影響を受けず24時間効果が持続するので、いつ服用しても問題はありません。自分の生活スタイルにあわせて、好きなタイミングで服用することができます。

フォシーガはこんな方におすすめ

フォシーガには日本も含め世界中で先発品として承認・販売されています。体重減少効果も報告されているので、比較的体重の重い糖尿病患者の使用が推奨されています。

先発品として世界中で承認されている

フォシーガは日本を含め、世界中で承認・販売されています世界で初めて発売されたSGLT2阻害薬というタイプのお薬で、先発品として世界中の医療機関で処方されており、安全性と有効性には実績があります。2型糖尿病治療薬として110ヵ国以上の国や地域で承認されています。そのため、ジェネリック医薬品を服用するのに抵抗がある方でも、安心して服用することができます。

ダイエットにも用いられるほど体重減少効果がある

糖尿病治療薬のなかには血糖値を下げる反面、体重増加の副作用を起こしやすいものも多くあります。フォシーガは、適用外ですがダイエット目的でも服用されることがあるぐらい体重減少効果が報告されています。そのため、比較的肥満気味の糖尿病患者によく処方されており、おすすめです。

フォシーガの効果・効能

糖尿病(1型および2型)や、慢性心不全(標準的な治療を既に受けている場合のみ)慢性腎臓病(末期腎不全または透析施行中は除く)の治療に用いることができます。 また、フォシーガの主な作用メカニズムが腎臓に作用して余分な糖分を体外に排出することから、体重減少効果が報告されており、ダイエット目的でフォシーガを服用される方もいます。

フォシーガの服用方法・使用方法

1回の用量 1~2錠(ダパグリフロジンとして5~10mg)
1日の服用回数 1回
服用間隔 24時間
服用のタイミング 任意(朝食後が多い)

糖尿病:通常、成人は1回ダパグリフロジンとして5mg(5mg錠なら1錠、10mg錠なら1/2錠)を1日1回服用します。なお、効果が不十分な場合には、1回10mg(5mg錠なら2錠、10mg錠なら1錠)を1日1回服用に増量されることがあります。1型糖尿病の場合はインスリン製剤と併用する必要があります。

慢性心不全、慢性腎臓病:通常、成人は1回ダパグリフロジンとして10mgを1日1回服用します。なお、1型糖尿病がある場合は、1回5mgを1日1回から服用を開始します。

※1型糖尿病の方はインスリン注射を絶対に中断しないでください。服用し忘れた場合は、気がついたときにできるだけ早く服用してください。ただし、次の服用時間が近い場合は、1回分飛ばし、次の通常の服用時間に1回分を服用してください。2回分を一度に服用してはいけません。

フォシーガの有効成分

有効成分ダパグリフロジン選択的SGLT2阻害剤といわれるグループに属しているお薬です。腎臓に存在している糖分を再吸収するのに関与しているタンパク質であるSGLT2に作用する効果があります。

腎臓において、血液中から一度ろ過された糖分であるグルコース(ブドウ糖)を再び血液中へ戻す作用(再吸収)を抑制し、尿糖として排泄することにより、血糖コントロールを改善します。また、水分量の調節やその他にも様々な作用によって心臓や腎臓などの臓器を休ませることができ、慢性心不全や慢性腎臓病を改善します。通常、1型糖尿病、2型糖尿病、慢性心不全、慢性腎臓病の治療に用いられます。

フォシーガの副作用

主な副作用として、性器感染(腟カンジダ症など)、尿路感染(膀胱炎など)、体液量減少(脱水)、便秘、口渇、頻尿、尿量増加、陰部の痒みなどが報告されています。

まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した重篤な副作用の初期症状である可能性があります。

  • ふらつき、脱力感、冷や汗、動悸、手足のふるえ[低血糖]
  • 寒気、発熱・高熱、脇腹の痛み、背部痛、関節・筋肉の痛み[腎盂腎炎・外陰部および会陰部の壊死性筋膜炎(フルニエ壊疽)・敗血症]
  • 尿量の変化、のどが渇く、からだが怠い、脱力感、眩暈、皮膚の乾燥[脱水]
  • 吐き気、嘔吐、食欲不振、腹痛、激しいのどの渇き、倦怠感、深く大きい呼吸、意識の低下[ケトアシドーシス]

以上の副作用はすべてを記載したものではありません。上記以外でも気になる症状が出た場合は、医師または薬剤師に相談するように注意喚起がされています。

フォシーガの注意事項

フォシーガの使用に注意する人

  • 脱水を起こしやすい人(血糖コントロールが極めて不良な人、高齢の人、利尿剤を使用している人、認知症などで水分を十分摂れないと考えられる人等)…フォシーガにより脱水を起こすおそれがあります。
  • 尿路の感染症に罹っている人、性器の感染症にかかっている人…症状を悪化させるおそれがあります。
  • 低血糖を起こしやすい人(脳下垂体または副腎機能に異常のある人、栄養不良状態の人、飢餓状態の人、食事が不規則な人、食事が十分に摂れていない人、または衰弱している人、激しい筋肉運動をしている人、飲酒量の多い人)
  • 肝臓に重度の障害のある人…重度の肝機能障害のある患者を対象とした臨床試験は実施していません。
  • 妊婦または妊娠している可能性のある人…妊婦または妊娠している可能性のある女性はフォシーガを服用せず、糖尿病患者ではインスリン製剤等を使用することが推奨されています。妊娠中の投与に関する安全性は確立されていないためです。動物実験(ラット)において、ヒトの妊娠中期および後期にあたる期間の曝露および生後21日~90日の曝露により、出生児および幼若動物に腎盂および尿細管の拡張が認 められたとの報告があります。また、動物実験(ラット)で胎児への移行が報告されています。
  • 授乳中の人…授乳しないことが望ましいです。ラットで乳汁中への移行が報告され ています。

フォシーガの禁忌(次の方は使用できません)

  • フォシーガの成分に対し過敏症の既往歴のある患者…服用することで再度過敏症を起こすおそれがある。
  • 重症ケトーシス、糖尿病性昏睡または前昏睡の患者…輸液、インスリンによる速やかな高血糖の是正が必須となるのでフォシーガの投与は適さないです。
  • 重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者…糖尿病を有する患者ではインスリン注射による血糖管理が望まれるのでフォシーガの投与は適さないです。

フォシーガの併用禁忌

  • 現在は特に報告されておりません

フォシーガの併用注意

  • 糖尿病用薬(インスリン製剤、スルホニルウレア剤、チアゾリジン系薬剤、ビグアナイド系薬剤、α-グルコシダーゼ阻害剤、速効型インスリン分泌促進剤、DPP-4阻害剤、GLP-1受容体作動薬等)…低血糖があらわれることがあるので注意が必要です。
  • 血糖降下作用を増強する薬剤(β遮断薬、サリチル酸剤、モノアミン酸化酵素阻害剤等)…併用時は血糖コントロールに注意し、血糖値、その他状態を十分に観察しながら投与します。
  • 血糖降下作用を減弱する薬剤(副腎皮質ホルモン、甲状腺ホルモン、アドレナリン等)…併用時は血糖コントロールに注意し、血糖値、その他状態を十分に観察しながら投与します。
  • 利尿薬(ループ利尿薬、サイアザイド系利尿薬等)…利尿作用が増強されるおそれがあるので、必要に応じ利尿薬の用量を調整するなど注意する必要があります。

フォシーガの重要な基本的注意

  • 過剰な糖が尿と一緒に排泄されるため、フォシーガの使用中は尿糖検査が陽性にな ります。尿糖検査を受ける場合は、医師にフォシーガを服用していることを伝えてください。
  • フォシーガの利尿作用により多尿や頻尿がみられることがあります。また、体液量が減少することがあるので観察を十分に行い、適度な水分補給を行うよう注意喚起がされています。特に体液量減少を起こしやすい患者(高齢者、腎機能障害のある患者、利尿剤併用患者等)においては、脱水や糖尿病ケトアシドーシス、高浸透圧高血糖症候群、脳梗塞を含む血栓・塞栓症等の発現に注意が必要です。
  • 糖尿病の治療のために、血糖コントロールを目的として服用する場合は、フォシーガ投与中は、血糖を定期的に検査するとともに、経過を十分に観察し、常に投与継続の必要性について注意を払ってください。フォシーガを3ヵ月服用しても効果が不十分な場合、より適切と考えられる治療への変更を検討してください。
  • 低血糖によるふらつきや意識障害を起こすおそれがあるので、高所作業や自動車の運転など危険な作業は避けてください。
  • 過剰な糖が尿と一緒に排出されるため、尿路の感染症(尿が近い、残尿感、排尿時の痛みなど)や性器の感染症(陰部の痒み、痛みなど)を起こし、腎盂腎炎、外陰部および会陰部のフルニエ壊疽とよばれる壊死性筋膜炎などを起こし、敗血症に至ることもあります。このような症状があらわれた場合には、ただちに医師に相談してください。

参考サイト

フォシーガに関するよくあるご質問

Q:フォシーガを飲めばインスリン注射をやめてもいいですか?

A:フォシーガはインスリン製剤の代替薬ではありません。1型糖尿病患者ではインスリン製剤の投与を中止すると急激な高血糖やケトアシドーシスが起こるおそれがあるので、インスリン製剤の中止はしないでください。ただし、フォシーガとインスリン製剤を併用すると低血糖を起こすリスクが上がるので、インスリン製剤の減量することはあります。過度な減量はケトアシドーシスのリスクを高めるので、臨床試験ではインスリン製剤の1日投与量の減量は20%以内とすることが推奨されていました。

Q:以前フォシーガを服用するときにこまめに水分補給をするようにいわれました。なぜですか?

A:フォシーガは尿と一緒に糖分が排出されるので普段よりも尿が多く出ます。そのため、脱水(尿量の変化、のどが渇く、脱力感、めまい、皮膚の乾燥)を起こすことがあります。脱水予防のために、のどの渇きを感じなくてもフォシーガを服用中はこまめに水分補給をすることが推奨されています。脱水による症状があらわれた場合や、飲水を十分行えないと考えられる場合(認知症などで口渇を感じにくい、訴えをしにくい場合など)は、フォシーガの服用は推奨されていません。

レビュー・口コミ

2023年9月11日

本当にこれだけで痩せれます。ただ、尿検査があったので2日前から服用を止めましたが、検査に引っ掛かりました。(笑)でも本当に尿から糖分が排出されているのが分かったので良かったです。

大女 さん

2022年2月8日

この薬を飲み始めてから、毎日の血糖値が安定してきた気がします。体重も少し減ってきたし、運動も併せて続けていこうと思います。

40代サラリーマン さん

2021年6月16日

フォシーガを飲み始めてから体重が徐々に減ってきました。飲み始めて2ヶ月で3kg減りました。食事量は変わってないけど、糖質を少し控えるように心掛けています。トイレの回数は増えたけど、それ以上にダイエット効果が嬉しいです。

ダイエット成功 さん

記事の著者情報と記事監修した商品

専門薬剤師(研修認定薬剤師)の資格を持つ現役の薬剤師であり、その知識と経験はお薬だけにとどまらず、美容、サプリメント、ダイエット、健康全般にわたります。一人ひとりの健康や美しさを追求するための信頼できる情報を提供しています。

メトホルミン

メトホルミン

ダイエット薬 トレーニング・ダイエット 生活習慣病 糖尿病・高血糖値
3
¥5,380
ベザリップ

ベザリップ

生活習慣病 高脂血症
3
¥3,480