Loading…

ウデナフィルとは?【効果や副作用】を分かりやすく解説

ウデナフィルは、韓国の東亜製薬によって開発されたED(勃起不全)治療薬の有効成分です。服用後約30分で効果が現れ、その効果は約12時間持続します。
これはバイアグラに近い効果発現時間を持ちながら、シアリスよりも短い持続性を示します。これにより、長時間の持続効果を求めない利用者にとって好ましい選択肢となります。

ウデナフィルの特徴は、即効性と適度な持続性のバランスにあり、使用しやすさから多くの利用者に評価されています。特に、アジア人にとっての副作用の少なさや体質への適合性が高い点が特徴で、国際的にもロシアや中国を含む複数の国で販売されるなど、注目を集めています。

この成分は、欧米の製薬会社が主導する従来のED治療薬とは異なるアプローチで開発されたため、その目新しさと効果で高い評価を受けています。

 

ウデナフィルの効果

ウデナフィルは以下の効果があります。

  • ED(勃起不全)の改善:ウデナフィルは陰茎への血流改善を促進し、酵素PDE-5の過剰分泌を抑えることで勃起をサポートします。服用後30分で効果が現れ、約12時間持続します。
  • 正常な勃起の維持と硬度のサポート:ウデナフィルは勃起時の硬度や持続力を改善し、満足のいく性行為を可能にします。即効性があり、タダラフィル(シアリスの成分)に次いで長い持続力を持つため、従来のED治療薬の利点を組み合わせた薬剤です。

ウデナフィルは、食事の影響を受けにくい特性を持ち、服用のタイミングに柔軟性があるため、器質性ED(体の問題による勃起不全)だけでなく、心因性ED(緊張や不安によるもの)にも対応できるED治療薬です。比較的副作用のリスクが低いことから、勃起の弱さや中折れに悩む人に適しています。

この薬剤は韓国の大手製薬会社が開発したもので、アジア人男性の体質に適した特性を持つとして注目されています。ウデナフィルは性欲を直接増進させる作用はなく、性的な刺激があった場合に効果を発揮します。性的な興奮が収まると勃起も自然に解消し、体内に成分が残っている間は再び性的な刺激に応じて勃起することが可能です。

ED治療においてウデナフィルは有効な選択肢の一つですが、自己判断での使用を避け、医師の指導に従った適切な使用が推奨されます。

 

ウデナフィルの働き

ウデナフィルの臨床試験では、勃起不全(ED)に悩む167名の男性を対象に、12週間にわたる研究が行われました。この試験において、100mgと200mgのウデナフィル配合錠、およびプラセボ(偽薬)を服用するグループに分け、性行為の成功率が測定されました。

  • PDE-5(ホスホジエステラーゼ)の阻害:
    ウデナフィルはPDE-5という酵素の働きを抑制します。通常、性的刺激を受けると脳から陰茎に信号が送られ、cGMP(環状グアノシン一リン酸)という物質が増産されます。cGMPは血管を拡張し、陰茎の海綿体を硬化・膨張させることで勃起を促します。しかし、PDE-5が過度に生成されると、cGMPが早期に分解されて十分な勃起が得られず、ED(勃起不全)が発生することがあります。ウデナフィルは過剰なPDE-5の働きを抑制し、cGMPの正常な働きを回復させることで勃起改善につなげます。
  • 血管拡張効果に伴う血流改善:
    ウデナフィルによるPDE-5の阻害は、陰茎周辺の血管を拡張させる効果ももたらします。これにより、陰茎海綿体と血管への血流が改善され、勃起が促されます。ウデナフィルの成分が体内に残っている間は、cGMPの生産をサポートし、勃起に必要な硬度と持続力を維持する効果も持続します。

ウデナフィルは性欲を直接刺激したり、増幅させる作用はなく、誤った使用をしなければ、後遺症について心配する必要はありません。この薬は体内の物質バランスを調整し、EDを改善する作用があるため、正しい使用方法と医師の指導に従うことが重要です。

 

ウデナフィルのED(勃起不全)改善率は92.4%

ウデナフィルの臨床試験では、ED(勃起不全)を発症した167名の男性を12週間にわたり対象としました。試験では、ウデナフィル配合の100mg錠と200mg錠、さらにプラセボ錠を服用するグループに分けて、性行為の成功率を調査しました。

試験結果は、治験参加者ひとりひとりのアンケートをもとに確認されました。200mg錠のグループでは、挿入の成功率が92.4%、勃起を最後まで維持できた割合が75.7%と、非常に高い改善率が観察されました。

推奨用量である100mg錠でも、挿入の成功率が88.8%、勃起の維持率が70.1%という安定した改善率が示されました。一方、プラセボ錠の場合は挿入成功率が53.4%、勃起の維持率が15.4%という結果が得られました。これにより、厳密な臨床試験によってウデナフィルの効果が確かなものとして実証されました。

ウデナフィルを含有するED治療薬はザイデナであり、後発薬もまだ数少なく開発されています。

 

ウデナフィルの服用方法と飲み方

ウデナフィルは、性行為の約1時間前に水またはぬるま湯で1錠服用するのが基本です。その効果は長時間持続するため、服用タイミングは厳密に遵守する必要はありませんが、1回の服用後には次の服用まで最低24時間空けることが重要です。

 

服用時の注意点

服用のタイミング

服用の際は、可能であれば空腹時がおススメです。
空腹時に服用することで有効成分の吸収が良くなり、効果を最大限に引き出すことができます。

食事やアルコールに要注意⁉

食後に服用する場合は、食事との間に最低でも2時間の間隔を空けてください。また、1日に1錠の服用が原則で、ウデナフィルには100mgや200mgといった異なる強度がありますが、用量にかかわらず1日2回服用することはありません。

食事内容にも注意が必要で、脂質の多い食事は薬の効果を低下させる可能性があるため、軽めの食事が推奨されます。ウデナフィル服用後は、アルコールの影響を受けやすくなるため、水やぬるま湯での服用が最適です。大量のアルコール摂取は避けてください。

 

ウデナフィルの副作用

ウデナフィルの服用によって現れる副作用には、以下のような症状があります。

  • 顔面紅潮
  • ほてり
  • 頭痛
  • 疲労
  • 胸部不快感
  • めまい
  • 首の硬直
  • むくみ
  • 顔面浮腫
  • 悪心
  • 便秘
  • 排尿異常
  • 喉の渇き
  • 過敏症(じんましん、かゆみ)
  • 胃腸の異常(消化不良、胃炎、胃部不快感)
  • 体の痛み(胸痛、腹痛、関節周囲炎)
  • 充血(眼球、鼻、歯)
  • 視覚の異常(知覚異常、視野ぼかし、目の痛み、色視)
  • 呼吸系の異常(呼吸困難、過換気)

顔面紅潮やほてり、頭痛はウデナフィルの服用によって最もよく現れる症状です。これらは血管拡張作用によるもので、顔の毛細血管の血流が促進されることで顔面紅潮が引き起こされます。ほてりも血流改善効果により全身の体温が上昇し、感じられる症状です。頭痛も血管の拡張により頭部の神経に圧迫がかかることで生じます。

これらの症状はウデナフィルの効果が現れる際に軽度に現れるものであり、成分が体内で分解されると改善されます。重篤な症状が性行為を妨げるほど現れることはほとんどありません。

また、鼻づまりや消化不良も比較的多く報告される副作用ですが、これらの症状も2〜3時間程度で消失することが多いです。

 

ウデナフィルの注意事項

ウデナフィルの禁忌事項と併用禁忌薬

ウデナフィルは心血管系に作用するため、いくつかの禁忌事項が存在します。生命に関わる危険も報告されており、以下の条件に該当する方はウデナフィルを服用しないでください。

  • ウデナフィル服用により過敏症の症状が現れたことがある方
  • 不安狭心症の治療中の方
  • 心血管系の持病により性行為が禁止されている方
  • 過去6ヶ月以内に心筋梗塞、脳梗塞、脳出血の既往歴がある方
  • 過去6ヶ月以内に冠動脈バイパス手術を受けた方
  • 低血圧症の方
  • 未治療の高血圧症の方
  • 重度の肝機能障害の方
  • 先天性QT延長症候群を患っている方
  • 網膜色素変性症を患っている方

また、ウデナフィルを含む薬を以前に服用した際に、発疹や蕁麻疹、かゆみなどの過敏症症状が現れた方も使用を避ける必要があります。軽度の症状であっても、アレルギー反応が出た場合は服用を中止してください。

以前にウデナフィルを含む薬を服用した際に、発疹や蕁麻疹、かゆみなどの過敏症症状が現れた方は、ウデナフィルの使用が禁じられています。軽度の症状であっても、アレルギー反応が出た場合は服用しないでください。

心血管系の疾患で不安狭心症や重度の心不全を抱えている方は、医師から性行為の制限を受けているため、ウデナフィルを使用することはできません。過去6ヶ月以内に心筋梗塞、脳梗塞、脳出血を発症した方や冠動脈バイパス手術を受けた方も、心臓や血管に対する影響からウデナフィルの服用は禁止されています。

低血圧症や未治療の高血圧症を抱えている場合、ウデナフィルの血管拡張作用により急激な血圧低下が引き起こされるリスクがあります。

重度の肝機能障害や腎機能障害を抱えている場合、ウデナフィルの成分が体内で極端に高濃度になる危険性があります。これは肝臓が成分を代謝・分解し、腎臓で排出する過程に何らかの異常があるため起こる可能性があります。

さらに、先天性QT延長症候群を患っており、QTの延長を引き起こす薬を服用している方もウデナフィルを使用できません。抗不整脈薬や抗アレルギー薬などの一部の薬物は、ウデナフィルの正常な代謝を抑制し、血中濃度を上昇させる可能性があるため注意が必要です。

また、網膜色素変性症を患っている方の中には、稀にPDE-6という酵素に遺伝的異常が見られるケースもあります。ウデナフィルはPDE-5に作用するため、PDE-6を阻害し失明を引き起こす例も一部報告されていますので、ウデナフィルの服用は避けるべきです。

以上の禁忌事項は、ウデナフィルの使用に関して非常に重要です。これらの条件に該当する場合は、医師と相談し、適切な治療方法を見つけることが必要です。自己判断や他の人からの推奨に基づいてウデナフィルを服用することは避けましょう。健康を害するリスクを回避するためにも、専門医の指導を受けることが重要です。

 

ウデナフィルの併用禁忌薬

ウデナフィルと併用することが禁じられている薬剤には以下のものがあります。

  • 硝酸剤
  • 一酸化窒素供与剤
  • sGC刺激剤
  • HIVプロテアーゼ阻害剤

硝酸剤(ニトログリセリン、イソソルビド)や一酸化窒素供与剤(硝酸アミル)とウデナフィルを併用することは、急激な血圧降下のリスクを引き起こす可能性があります。同様に、肺高血圧症治療薬であるsGC刺激剤(リオシグアト)も、血圧変動を引き起こす可能性があります。硝酸剤は狭心症や心不全の治療に使用され、特にニトログリセリンは内服薬だけでなく、外用薬にも広く含まれています。これらを知らずに併用すると非常に危険ですので、注意が必要です。

HIVプロテアーゼ阻害剤であるリトナビルやインジナビルなどは、強いCYP3A4阻害作用を持っています。CYP3A4はウデナフィルの代謝に関与しており、その阻害によりウデナフィルの血中濃度が上昇し、悪影響を引き起こす可能性があります。したがって、これらの薬剤を使用している場合はウデナフィルとの併用を避ける必要があります。

これらの禁忌薬とウデナフィルの併用は重篤な副作用を引き起こす可能性があるため、絶対に避けるべきです。医師との相談を行い、適切な治療方法を見つけることが重要です。自己判断や他の人からの勧めに基づいてこれらの薬剤を併用しないようにしましょう。安全な使用のためには、医療専門家の指導を受けることが不可欠です。

ウデナフィルを使用する際には、以下の注意事項があります。

  • 出血性疾患もしくは消化性潰瘍を抱えている人 出血性疾患や消化性潰瘍を患っている場合、ウデナフィルの作用によって血小板の止血機能が異常になる可能性があります。そのため、十分な注意が必要です。
  • 陰茎に構造上の欠陥を持つ人 陰茎が曲がっていたりくびれていたり、しこりがある、またはペイロニー症から変形しているなど、性行為に負担の大きい陰茎の欠陥を持つ場合は、ウデナフィルの服用によって症状が悪化する可能性があります。
  • 他のED治療薬を服用している人 ウデナフィルと他のED治療薬を併用することは避けるべきです。複数のED治療薬を同時に使用すると、成分の過剰摂取になり、安全性が確認されていません。

上記の注意事項に該当する場合や疑問がある場合は、医師に相談してください。医師は適切な診断と助言を提供してくれます。

また、ウデナフィルを使用する際には以下の点にも留意してください。

  • 使用前に医師に現在の薬剤治療や健康状態について詳細を伝えてください。他の薬剤との相互作用や健康上のリスクを避けるために、医師に正確な情報を提供することが重要です。
  • 指示された服用量と頻度を守ってください。自己判断で量を増減したり、頻度を変更したりしないでください。
  • ウデナフィルは性的刺激があった場合にのみ効果を発揮します。性的興奮がない場合、勃起を引き起こすことはありません。
  • ウデナフィルは女性や18歳未満の人には推奨されません。
  • 副作用が現れた場合は、医師に相談してください。特に重度の副作用や持続的な不快感がある場合は、直ちに医療の専門家に連絡してください。

ウデナフィルの使用に関する注意事項を理解し、医師の指示に従うことで、より安全な使用が可能となります。

 

ウデナフィルとの併用に注意がいる薬剤

ウデナフィルを使用する際には、以下の薬剤との併用に注意が必要です。

  • 降圧剤: ウデナフィルの血管拡張作用と相互作用することで、降圧作用が過剰に強まる可能性があります。特にアムロジピンなどの降圧剤との併用では注意が必要です。
  • CYP450 3A4阻害剤: 抗真菌薬や抗生物質、胃酸抑制薬などに含まれるCYP450 3A4阻害剤(エリスロマイシン、イトラコナゾール、オメプラゾール、シメチジンなど)は、ウデナフィルの血中濃度を上昇させ、悪影響を引き起こす可能性があります。これらの薬剤との併用には注意が必要です。
  • CYP450 3A4誘導剤: フェノバルビタール、デキサメタゾン、リファンピシン、カルバマゼピン、フェニトインなどのCYP450 3A4誘導剤は、ウデナフィルの血中濃度を低下させ、効果を減弱させる可能性があります。これらの薬剤との併用には注意が必要です。
  • α遮断剤: タムスロシンなどのα遮断剤は、ウデナフィルと同様に血管拡張作用を持つ降圧剤です。併用することで突然の低血圧を引き起こすリスクがありますので、かかりつけの医師に相談し、低濃度から始めることをお勧めします。

関連商品