Loading…

お知らせ:[2024-04-12] 【重要】発送元の休業に伴う発送の遅延について

もっと見る

タダラフィルとは?【最大36時間⁉】効果や飲み方、副作用を解説

試験管とビーカー

タダラフィルは、ED(勃起不全)治療薬シアリスの有効成分で、世界で3番目に開発されました。シルデナフィルやバルデナフィルと比較して、最大36時間まで勃起を持続させる長期効果が特徴で、世界市場においてED治療薬シェア1位を獲得しています。また、食事の影響を受けにくいので、食前や食後のどちらでの服用でも効果が期待できます。

タダラフィルの効果は服用後約1時間で発現しますが、性的刺激が必要であり、刺激がなければ勃起は起きません。これにより、性行為のタイミングに焦ることなく、自然な状況で効果を得られます。

心血管系への負担が比較的少なく、効き目が緩やかなため、バイアグラやレビトラの使用に不安を感じる方や、リラックスして使用したい方に適したED治療薬です。

タダラフィルの効果

  • ED(勃起不全)の改善 緩やかに勃起を促し、長時間にわたり勃起を維持させます

タダラフィルは、バルデナフィルやシルデナフィルと同様にED(勃起不全)治療作用を持ちますが、その性質は異なります。タダラフィルは水に溶けにくいため、徐々に効果が現れ、最長で36時間の持続効果が期待できます。

服用後、約1時間で効果が発現することが多いですが、場合によっては2時間ほどかかることもあります。食事やアルコールの影響を受けにくいため、食前や食後に服用しても効果が変わらないのが特徴です。タダラフィルは性的刺激を受けた時にのみ勃起を促すため、常に勃起状態になる心配はありません。

タダラフィルには催淫効果や性欲増強効果はなく、性的刺激を感じたときのみ勃起を助ける機能を持っています。そのため、成分が体内に留まっている間も、勃起が継続することはありません。余裕を持って使用できるのが、タダラフィルの大きな利点です。

タダラフィルは、バイアグラやレビトラのように瞬発的かつ強力な効き目はありませんが、効果が長く持続し、体への負担も少ない穏やかな作用が特徴です。そのため、性行為のタイミングを細かく計る必要がなく、自然な性行為が可能です。これは、器質性EDだけでなく、精神的ストレスが原因の心因性EDにも有効な治療方法です。

タダラフィルは「ウィークエンドピル」としても知られており、その効果が最大36時間まで持続することから、この名前が付けられました。週末の旅行やイベントなどの前に服用すれば、持続的な効果により、安心して性行為を楽しむことができます。そのため、計画的なアクティビティに対応しやすく、多くのユーザーから支持されています。

タダラフィルの作用

タダラフィルの作用機序の一つは、勃起不全(ED)の主な原因であるPDE-5(ホスホジエステラーゼ5)の抑制です。PDE-5は、性的興奮後に陰茎を元の状態に戻す物質ですが、異常な過剰分泌により、勃起に必要なcGMP(環状グアノシン一リン酸)を分解してしまうことがあります。これにより、中折れや不十分な勃起が引き起こされることがあります。

通常の勃起メカニズムでは、性的刺激を受けると脳から陰茎への信号が送られ、陰茎周辺の血管内でcGMPの生成が促され、血管が拡張します。これにより陰茎への血流が増加し、勃起に至ります。性的刺激が収まると、PDE-5が分泌され、cGMPが分解され、陰茎の勃起が収まります。

陰茎への血流不足がEDの原因となることがありますが、タダラフィルはPDE-5を抑制することに加え、血管への作用により血流自体を増加させる効果があります。さらに、cGMPの生成を助ける作用も持っているため、さまざまな原因によるEDの治療に効果的な成分です。

タダラフィルの臨床試験結果

タダラフィルの臨床試験は、3ヶ月以上ED(勃起不全)に悩む成人男性を対象に行われました。

治験にはタダラフィル5mg錠、10mg錠、20mg錠、および成分が含まれないプラセボ錠(偽薬)が使用され、それぞれの錠剤を服用する4つのグループに分けて効果を評価しました。実験の結果、明確な違いや改善効果が確認されました。

射精まで勃起を維持できた割合は、試験前が20.0%、プラセボ錠が28.6%、5mg錠が51.4%、10mg錠が64.6%、20mg錠が68.4%でした。

臨床試験に参加した男性のうち、20mg錠を服用した場合には70%が満足のいく性行為を行えたと報告されています。10mg錠では65%、5mg錠でも半数の患者にED改善効果が認められたことから、タダラフィルには確かな効果があると考えられます。プラセボ錠では改善率30%を超えなかったことからも、タダラフィルはED(勃起不全)に対して非常に有効であることが示されました。

タダラフィルが配合されたED治療薬にはシアリスがありますが、世界中の製薬会社から多くのジェネリック医薬品も発売されています。同じ効果で価格が安いため、経済的な理由から先発薬での治療を続けられない人にとっては特に需要が高いです。

また、ED改善効果に加えて早漏防止効果があるダポキセチンが含まれた合同薬もありますので、用途に合わせた服用が可能です。

シアリス(タダラフィル)の服用方法・飲み方と注意点

シアリス錠は性行為の約2~3時間前に水またはお茶、清涼飲料水などで服用してください。ただし、グレープフルーツジュースでの服用は避けてください。グレープフルーツジュースは薬の代謝を遅らせることがあり、過剰な効果や予期しない副作用が発現する可能性があります。

1日の服用回数は1回とし、10mg錠と20mg錠のどちらを服用しても、次回の服用までには24時間以上の間隔を空けてください。10mg錠では効果は約20~24時間持続し、20mg錠では最大36時間の効果が期待できます。

効果の発現には個人差やその時の体調によって1~4時間の幅があるため、服用から効果を感じるまでの時間には変動があります。これらの点を考慮して、適切に服用してください。

タダラフィルの食事の影響

シアリス20mgの服用における、食事の影響についての情報は、製造元であるイーライリリー社の公式資料や医師の説明を通じて、「食事の影響がない」とされていますが、実際の使用経験では、食事の影響が見られるケースもあります。特に使用者の中には、「空腹時の服用で効果があった」という声が多く聞かれます。

以前、イーライリリー社の資料には「800kcalまでの食事であれば影響がない」との記載がありましたが、現在ではそのような条件付きの記述は見当たらない状況です。この「800kcal」という基準は、あっさりした和食や軽めの食事に相当します。バイアグラやレビトラと同様に、シアリスも空腹時の服用が吸収を早め、効果を鋭くする傾向にあることは確かです。

服用タイミングの例としては、夕食が19時~21時の場合、18時にシアリスを服用すると、19時の食事時には薬が体内に吸収されているため、食後の服用よりも効果が高まります。

しかし、実際には性行為が食事後に行われることが多いため、焼肉や揚げ物など脂質の多い食事を避け、あっさりした和食を中心にし、腹七分目で抑えることで、薬の効果を引き出すことが可能です。

タダラフィルのアルコールの影響

シアリスの発売元である日本新薬株式会社が提供するインタビューフォームには、健康な成人外国人を対象にしたアルコール併用試験のデータが掲載されています。このデータによると、併用後のアルコール血中濃度やシアリスの血漿中濃度は相互に影響を受けず、AUClast(0時間から最終定量可能時間までの血漿中濃度-時間曲線下面積)にも変化はないことが示されています。これは、アルコールとシアリスの代謝に大きな影響がないことを意味します。

しかし、高用量のアルコールとの併用試験では、浮動性めまいや起立性低血圧の発現が増加することが確認されました。これは、アルコールとシアリスの血管拡張作用が相乗して血圧を低下させるためです。このため、低血圧の症状を引き起こしやすい体調の方や、低血圧の傾向がある方は、アルコールとシアリスの併用を避けた方が良いでしょう。

一見するとアルコールとの併用がシアリスの効果に影響しないように見えますが、過度の飲酒は神経伝達に影響を与え、性的刺激を受けにくくし、勃起力を著しく低下させる可能性があります。その結果、シアリスの効果も得られなくなる可能性があるため、過度の飲酒は控えるべきです。

さらに、アルコールとシアリスの併用による「めまい」や「立ちくらみ」は、両者の血管拡張作用が原因で血圧が低下することで起こります。このような症状は、軽視すべきではなく、特に体調が優れない時や低血圧傾向のある人は、アルコールとの併用を避けることが望ましいです。めまいや立ちくらみは、場合によっては転倒や失神につながるリスクもありますので、アルコールとの併用時は十分に注意してください。

タダラフィルの副作用

  • 頭痛
  • ほてり
  • 紅潮
  • 胃腸の異常(消化不良、下痢)
  • 背部痛
  • 筋痛
  • 四肢痛
  • 回転性めまい
  • 鼻出血
  • 咽頭炎
  • 食道炎
  • 片頭痛
  • 心筋梗塞
  • 脳梗塞
  • 感覚鈍麻
  • そう痒症
  • 持続性勃起症
  • 過敏症(蕁麻疹、発疹、顔面浮腫、剥脱性皮膚炎、スティーブンス・ジョンソン症候群)

タダラフィルを服用した場合、比較的多く見られる副作用として、頭痛、紅潮、ほてり、消化不良、下痢などの消化器系の症状があります。これらの症状は、一時的な血管拡張作用によって引き起こされるもので、どの症状でも比較的軽度であることが多いです。

頭痛は、こめかみ近くの動脈の血流が上昇することで三叉神経という大きな神経が圧力を受けるため、起こることがありますが、軽度の場合は心配ありません。

紅潮、ほてり、消化器系の症状は、全身の血行促進で引き起こされる体温上昇や、胃腸の動きが活性化することで現れます。これらの症状は、タダラフィルの効果が出ている間に起こるものであり、時間の経過とともに自然に消失することが多いです。

ごく稀に、持続性勃起症(プリアピズム)という、4〜6時間もの間勃起が収束しない副作用が現れることがあります。これは、性的興奮や刺激がないにもかかわらず勃起が継続してしまう症状であり、すぐに医師の診察と治療を受ける必要があります。

タダラフィルの禁忌事項と併用禁忌薬

タダラフィルは、シルデナフィルやバルデナフィルに比べて穏やかに効果が現れますが、血管拡張作用を持つため、血圧に影響を与えるため、禁忌事項があります。 適切な使用が必要です。以下を確認してから服用してください。

  • タダラフィル使用で過敏症を起こしたことがある
  • 心血管系の持病があり、性行為を止めるほど重篤な場合
  • 不整脈や低血圧症、高血圧症を患っている
  • 心筋梗塞の既往歴が3ヶ月以内にある
  • 脳梗塞、脳出血の既往歴が6ヶ月以内にある
  • 不安定狭心症か性交中の狭心症発症経験をもつ
  • 重度の肝障害を患っている
  • 網膜色素変性症

ED治療薬に限らず、タダラフィルを含む薬剤を使用したときにアレルギーやアナフィラキシーなど過敏症が現れたことがある場合は、服用しないでください。服用後に蕁麻疹、発疹、顔面のむくみなどの症状が現れた場合も過敏症の可能性があります。

タダラフィルは血管拡張作用を持つため、性行為時の血圧や心拍数を上昇させる可能性があります。これは、不整脈や低血圧症、高血圧症を悪化させるだけでなく、治療の一環である心筋梗塞、脳梗塞、脳出血を3〜6ヶ月以内に発症した方にも危険です。

また、心血管系の持病を持ち、医師から性行為自体を控えるよう指示されている方には、タダラフィル製剤を使用することはできません。性行為は本来、心臓に負担をかけるため、不安定狭心症の治療中であったり、性行為中に狭心症を発症した方には、機能不全を引き起こす危険性があります。

また、普段から肝臓の代謝に障害がある場合には、タダラフィルが正常に分解されず、悪影響が生じることが報告されています。

さらに、タダラフィルはPDE-6という酵素に若干の影響を与えるため、網膜色素変性症の症状を悪化させる恐れがあるため、服用は禁じられています。

タダラフィルの併用禁忌薬

  • 硝酸薬もしくは一酸化窒素供与剤
  • sGC刺激剤

硝酸剤にはニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビドなどがあげられます。 これら狭心症や心不全の治療薬との併用は、降圧作用が増幅されて命に関わる血圧低下を起こすリスクを持ちます。

同様に、肺高血圧症の治療剤として利用されるリオシグアトなどsGC刺激剤も、低血圧を悪化させるため併用は禁忌とされています。

タダラフィルの注意事項

  • 他のED治療薬を服用中
  • 65歳以上の高齢者
  • 出血性疾患か消化性潰瘍を持っている
  • 鎌状赤血球性貧血、多発性骨髄腫、白血病
  • 陰茎に構造上の欠陥を持つ

ED治療薬は1錠で強い効果を持つ薬剤であり、他の薬剤との併用を前提としていません。成分の多量摂取は思いがけない悪影響を及ぼすリスクが高いため、ED治療薬を服用して24時間以内には、服用しないでください。

高齢者は健康であっても、少量から服用する必要があります。加齢による代謝機能の低下から、摂取した薬剤の分解や排出に支障をきたす可能性があります。限度量を守っていても、成分の血中濃度が高くなって効果が強くなりすぎることも考えられます。

出血性疾患や消化性潰瘍を患っている場合、タダラフィルは血小板の働きを悪化させるという報告があります。

また、鎌状赤血球性貧血、多発性骨髄腫、白血病を患っている場合は、自身の意思に反して陰茎の持続的な勃起(持続勃起症)を引き起こす危険性が指摘されています。持続勃起症は、適切な治療を受けないと陰茎に後遺症を残し、勃起機能を失うリスクがあるため、治療中の服用は避けてください。

タダラフィルとの併用に注意が必要な薬剤

タダラフィルは代謝や分解にCYP3A4酵素を利用します。したがって、CYP3A4阻害剤や誘導剤と併用することにより、タダラフィルの血中濃度が上昇または低下する場合があります。以下は注意が必要な薬剤の例です。

  • CYP3A4阻害剤:ケトコナゾール、イトラコナゾール、クラリスロマイシン、テラプレビルなどの抗ウイルス薬、抗生物質、抗真菌薬、グレープフルーツの成分
  • CYP3A4誘導剤:リファンピシン、フェニトイン、フェノバルビタールなどの抗生物質やてんかん治療薬
  • 降圧剤:アムロジピン、メトプロロール、エナラプリル、カンデサルタンなど
  • α遮断剤:ドキサゾシン、テラゾシンなど

最後に、急性心不全の治療薬であるカルペリチドとの併用にも注意が必要です。これらの薬剤を併用することで、血管拡張効果や降圧作用が強められ、低血圧や失神のリスクが高まる可能性があります。

まとめ

タダラフィルはED(勃起不全)治療薬シアリスの有効成分として知られており、その長時間作用と食事の影響を受けにくい特徴が多くの人に選ばれる理由です。この成分は性的刺激がある場合にのみ効果を発揮し、最大36時間持続することから「ウィークエンドピル」とも呼ばれています。心血管系への負担が少なく、バイアグラやレビトラに比べて副作用のリスクが低いことも、多くの人に支持される理由の一つです。

タダラフィルの臨床試験では、その効果が確認されており、EDに悩む多くの男性にとって信頼できる選択肢となっています。しかし、頭痛やほてり、胃腸の異常などの副作用が報告されているため、使用にあたっては注意が必要です。また、心血管疾患の既往歴がある方や特定の薬剤との併用は避けるべきです。

当サイトでは、タダラフィルを含む先発薬シアリスやジェネリック医薬品を取り扱っております。以下の関連商品は人気商品となっております。気になる方は是非一度ご覧ください。

関連商品