Loading…

オルリスタットのダイエット効果とは?

オルリスタット

オルリスタットは、リパーゼという酵素の働きを阻害することで脂肪の消化吸収を妨げる成分です。

リパーゼの阻害により、脂肪の吸収が抑制され、未消化の脂肪は便とともに体外に排出されます。このメカニズムにより、厳しい運動や食事制限を行わずとも、脂肪摂取量を減らし肥満の軽減が可能になります。

アメリカでの治験によれば、1年間オルリスタットを服用した成人の約60%が、体重の5%以上を減少させることに成功しました。また、約27%の参加者は体重を約10%減少させたと報告されており、多くの人々において効果的なダイエット効果が確認されています。

 

オルリスタットの禁忌事項

  • オルリスタットにアレルギー反応を起こしたことがある
  • 吸収不良症候群を患っている
  • 胆汁鬱滞がある
  • 妊娠、または授乳中の方

オルリスタットを含む医薬品や食品によって過敏症を経験したことがある方は、オルリスタットの使用を避けてください。オルリスタットの副作用には、発疹、蕁麻疹、血管浮腫、全身のかゆみ、気管支痙攣、アナフィラキシーなどが含まれ、アレルギー反応によりこれらの症状が悪化する可能性があります。

特発性脂肪便症や熱帯性スプルーなどの吸収不良症候群の患者もオルリスタットの摂取は避けるべきです。オルリスタットは脂肪の吸収を阻害するため、これらの症状を悪化させる恐れがあります。胆汁の流れが滞る症状や胆汁鬱血を引き起こす肝臓疾患の患者も、オルリスタットの使用を控えるべきです。

また、妊娠中の女性は胎児への悪影響が懸念されるため、オルリスタットを使用すべきではありません。さらに、母乳を介して乳児に成分が伝わるリスクも考慮する必要があります。
 

オルリスタットの併用禁忌薬

  • シクロスポリン
  • ワルファリンなどの抗凝固剤

免疫抑制剤のシクロスポリンは、臓器移植時に使用されますが、オルリスタットと併用すると血中シクロスポリン濃度が低下する恐れがあります。臓器の拒絶反応のリスクが高まるため、これらの薬剤は併用すべきではありません。

また、ワルファリンなどの抗凝固剤は血液の凝固時間(プロトロビン時間、INR)に影響を与えます。心筋梗塞や脳梗塞などの重篤な血栓塞栓症の治療に用いられるこの種の薬剤は、オルリスタットと併用すると血液の凝固が適切に抑制されなくなるリスクがあるため、併用は避けるべきです。

 

オルリスタットの効果

  • 肥満症や診断されていない肥満の予防

オルリスタット(オーリスタットとも呼ばれる)は、脂肪吸収を抑制する成分で、特に肥満症の治療に使用されています。摂取した脂肪の吸収を阻害する一方で、タンパク質、糖質、炭水化物など他の栄養素の吸収には影響しません。

食事の際にオルリスタットを摂取することで、胃腸での脂肪の吸収を抑制できます。揚げ物や脂肪分の多い食事を摂りながらもダイエットが可能で、肥満や生活習慣病の予防に役立ちます。

オルリスタットは食事中の脂肪を最大で約30%カットすることが可能であり、栄養バランスの乱れや身体への負担を抑える安全なダイエット剤とされています。特に脂肪分の多い中華料理や焼肉などで効果が顕著ですが、脂肪分の少ない野菜中心の食事の際には服用の必要がない場合もあります。

ただし、オルリスタットの効果は摂取した食事の脂肪吸収を抑制することに限定されており、既に体内に蓄積された内臓脂肪や皮下脂肪の減少には直接作用しません。

 

オルリスタットの臨床試験で確認された87%のダイエット成功率

アメリカで行われたオルリスタットの臨床試験では、顕著なダイエット効果が確認されました。この試験は564人の参加者を対象に1年間実施され、元の体重から5%の減量を達成した人が全体の60%、10%の減量を達成した人が約27%でした。トータルでは、約87%の参加者がダイエットに成功したと報告されています。

オルリスタットを含むダイエット薬「ゼニカル」のメーカーによると、個人差はあるものの、平均して約5.7kgの減量効果があるとされています。これは食事制限と運動によるダイエットの約2倍の効果とされています。

また、ゼニカルに配合されているのと同じオルリスタットを含む低価格のジェネリック医薬品も市場に出ています。経済的な負担を軽減しながらダイエットをしたい方には、これらのジェネリック医薬品も選択肢としておすすめです。

 

消化酵素の脂肪分解を妨げるオルリスタット

オルリスタットは体内で脂肪を消化する酵素リパーゼの働きを抑制します。通常、脂肪は腸で体に吸収されやすいサイズに分解され、体内に取り込まれます。しかし、オルリスタットを食事と同時に、または食後1時間以内に摂取することで、リパーゼの活動を阻害し、脂肪の分解を抑制することができます。

オルリスタットはリパーゼ内にある「活性セリン」という成分に結合します。これにより脂肪の吸収率が低下し、分解されなかった脂肪は48時間以内に便として体外に排出されます。このメカニズムにより、オルリスタットは体への悪影響を最小限に抑えつつ、脂肪の吸収を効果的に阻害します。

 

オルリスタットの副作用

  • 油班
  • 急な便意
  • 排泄時のガス
  • 油分の多い便
  • 油排泄
  • 排便回数の増加
  • 便失禁

重大な副作用

  • 肝障害
  • 腎障害
  • 胆石症

オルリスタットの摂取で起こる副作用は、腸に作用するため下痢や放屁の増加、油便など消化・排泄器官に関するもので、ほとんどが一過性のもので悪化せず解消します。オルリスタットが働いているため起こる副作用ですので、軽度のものであれば問題ありません。

服用期間が長くなるにつれ副作用は軽減されていきますが、油分を含む便が出やすくなるため生理用ナプキンを装着して下着が汚れない対策を取りましょう。

なおオルリスタットはビタミンAやD、E、K、βカロテンなど脂溶性ビタミンの吸収も妨げるため、ある程度長期間の使用ではビタミン不足による肌荒れや倦怠感が現れます。ビタミン欠乏症を予防するために、オルリスタットの服用2時間前後はビタミンサプリメントを飲んでビタミンを補うことをお勧めします。

非常に稀ですが、肝機能障害や腎機能障害、胆石症の発症を招くこともあります。白目部分や皮膚が黄色っぽくなったり皮膚のかゆみや倦怠感、尿量の減少、背中の痛み、血尿、手足の浮腫、みぞおち中心の強い痛み、右肩および背中の圧迫感や痛み、吐き気、嘔吐感などが生じた場合は、オルリスタットの服用を止めて医療機関での治療を受けてください。

 

オルリスタットの注意事項

  • 腎疾患を患っている
  • 高齢者
  • 糖尿病を治療中

オルリスタットは高シュウ酸尿症やシュウ酸腎結石の発生を招きやすいため、無理な使用で重度の腎不全を起こすリスクが報告されています。そのためもともと腎機能が弱っていたり疾患を抱えている方はオルリスタットを慎重に使ってください。

高齢者は腎臓での成分の分解と代謝機能が低下しているため、オルリスタットが強く効きすぎて副作用も出やすくなります。 腎疾患がなくても腎臓が弱っている方は予想外の影響が出る可能性がありますので、医師に相談した上で服用量や服用回数を決めましょう。

また糖尿病にかかっている方がオルリスタットを使用する場合、定期的な血糖値の確認が必要です。 オルリスタットのダイエット効果で血糖コントロールが改善する例もあり、その値と症状に応じた治療が必要になるため、細やかな報告を忘れないようにしてください。

 

オルリスタットとの併用に注意が必要な薬

  • レボチロキシン
  • アミオダロン
  • 抗てんかん薬
  • 抗レトロウイルス薬
  • アカルボース

甲状腺機能低下症に使われるレボチロキシンはオルリスタットとの併用で効果が減るということが分かっています。 レボチロキシンを用いた治療をおこなっている時は、甲状腺機能の検査を受けてかかりつけ医の指示を守って服用してください。

アミオダロンは不整脈に使われていて、成分吸収の妨げになりこちらも効果の減退が確認されています。 抗レトロウイルス薬などHIVおよび他のウイルス感染症との併用でも薬の効果を大きく低下させるため、併用は避けましょう。

また抗てんかん薬との併用でてんかん発作の発症率が高まることが分かっています。

2型糖尿病の治療に用いられるアカルボースも併用で成分の減弱につながるため、使用中は事前にオルリスタットの服用ができるか医師に確認してください。

関連商品