Loading…

お知らせ:[2024-04-12] 【重要】発送元の休業に伴う発送の遅延について

もっと見る

AGA(男性型脱毛症)改善結果98%を誇るフィナステリドとは?

スポイト

フィナステリドは、AGA(男性型脱毛症)と前立腺疾患の改善効果が認められている成分です。世界初のAGA治療薬として、プロペシアという名称で販売され、2015年の特許切れ以降も多くのジェネリック医薬品と共に使用されています。前立腺がんや前立腺肥大症などの悪化を抑える前立腺の治療薬としてはプロスカーという薬が販売されていますが、こちらは日本で承認されていません。

フィナステリドは、脱毛作用や前立腺の肥大を招く悪玉男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」を生産する5αリダクターゼを阻害する働きがあります。この働きにより、抜け毛を減らして毛髪の質を上げるAGA改善効果と、前立腺疾患の治療が可能になります。

世界60ヶ国以上で承認されているフィナステリド配合のAGA治療薬は、その優れた効果から多くの専門機関で処方されています。

フィナステリドの禁忌事項

フィナステリドの禁忌事項は多くありませんが、以下の方は使用しないでください。

  • 過去にフィナステリド配合薬で過敏症を起こしたことがある方
  • 妊婦、授乳中の女性

フィナステリドの含まれた薬剤を飲んでアレルギーや蕁麻疹、発疹、全身のかゆみなど過敏症が出たことがある方は服用できません。 軽度であっても、二度目以降の服用でより強い症状が現れる可能性があります。

また、フィナステリドは女性の投与を目的としていない成分です。 妊娠している場合、フィナステリドの摂取により男性胎児の外性器に発達異常が起こるリスクが高いとされています。 妊娠の可能性がある場合も服用しないでください。

授乳中の女性も母乳にフィナステリドの成分が移り乳児に悪影響を及ぼす危険があります。 命に関わることもありますので、服用してはいけません。

なお、フィナステリドの服用中は献血できません。 成分の血中濃度の都合上、最低でも1ヶ月間ほど休薬期間をとる必要があります。

フィナステリドの効果

  • 男性型脱毛症の薄毛抑制、前立腺疾患の改善 男性の頭皮に対して作用し、前立腺の肥大を抑え縮小させます

フィナステリドは抗アンドロゲン薬の一種であり、脱毛作用の抑制や前立腺がん、前立腺肥大症などの治療に使用されます。 1991年に開発が始まり、1992年に前立腺肥大治療薬として5mg錠のプロスカーが発売されました。その後の研究で、1mg用量がAGA(男性型脱毛症)に対する有効性が発見され、1997年にAGA治療薬として認可されました。

脱毛や前立性疾患の原因となる男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンは、5αリダクターゼという酵素によって産生されますが、フィナステリドは5αリダクターゼを抑制して根本原因を排除します。ジヒドロテストステロンの生成が抑えられることで、抜け毛が減少し、十分な髪の成長が促されます。また、服用を継続することで、正常なヘアサイクルが回復し、太く丈夫な髪を育てることができ、髪全体が豊かになっていきます。

ただし、フィナステリドは女性には適用されません。また、男性であっても、頭皮以外の脱毛症には効果がありませんので、他の部位の治療には使用できません。

フィナステリドの脱毛抑制効果

フィナステリドは、男性型脱毛症(AGA)の改善に有効です。その理由は、酵素5αリダクターゼの働きを抑制することにより、抜け毛を促すジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑えるためです。

男性ホルモンには、筋肉増大や骨格の発達に重要なテストステロンがあります。しかし、5αリダクターゼという酵素は、テストステロンを悪玉男性ホルモンと呼ばれるDHTに変換します。

ジヒドロテストステロンは、毛根内の毛母細胞に到達し、毛乳頭細胞と合成されます。毛乳頭細胞は、毛母細胞を増やして毛髪の成長を促しますが、ジヒドロテストステロンと結合すると、毛母細胞の分裂を阻害するようになります。また、過剰な皮脂分泌も促すため、毛髪にとっては害のある作用といえます。

毛根を形成する細胞が減少すると、毛髪の成長が止まり、ヘアサイクルが短くなることで毛包という毛根を包んでいる組織が収縮して髪が十分に伸びなくなります。毛髪の成長期間が短くなれば抜け落ちる速度も速くなり、軟毛と言われる細く柔らかい毛髪が少しずつ増え、髪全体のボリュームがなくなる薄毛を引き起こします。

フィナステリドは、髪の軟毛化現象を誘発する2型5-α還元酵素およびDHTを直接阻害する作用を持っています。

フィナステリドのAGA(男性型脱毛症)改善結果は98%

フィナステリドを含むAGA(男性型脱毛症)治療薬は、1997年にアメリカで発売され、日本でも2002年から3年にわたって綿密な臨床試験が実施されました。 治験に参加した男性のAGA症状に対して、フィナステリドを服用することで脱毛の減少や薄毛の進行抑制、そして毛髪量の成長を正常値に戻すことができることが明らかになりました。

服用後1年後の脱毛が止まり発毛効果があった患者の割合は58%、2年後は68%、3年後には78%に達しました。 また、薄毛の進行抑制については、フィナステリドを服用した男性の98%で効果が認められました。髪質については、増毛だけでなく長さや太さの改善も確認され、頭頂部から髪の生え際まで効果が期待できます。

フィナステリドの前立腺疾患に対する改善効果

また、フィナステリドは前立腺疾患の治療薬としても知られており、臨床試験によってその効果が確認されています。

治験には30〜40歳の前立腺肥大症を持つ男性が参加し、1年後には排尿障害の改善が見られ、前立腺の大きさが17.9%縮小し、尿量にも1.9ml/秒の増加が確認されました。

前立腺がんの予防試験でも、フィナステリド5mg錠とプラセボ錠を使用し、前立腺がんの進行抑制効果が25%程度あることが分かっています。

悪玉男性ホルモンであるジヒドロテストステロンは、毛根の毛母細胞だけでなく、前立腺の受容体とも結合して、前立腺の肥大やがん細胞の増殖を招くことが知られています。前立腺肥大症や前立腺がんは、どちらも重い疾患ですが、早期発見とフィナステリド服用により、早いうちに症状改善が可能です。

前立腺肥大症の治療薬には、先発薬のプロスカーに加え、後発薬のフィンカーがあります。

フィナステリドとミノキシジルの併用効果

フィナステリド単独でも効果は期待できますが、ミノキシジルなど他の治療薬との併用により、より効果的な治療が可能になります。他の治療薬との併用における作用と副作用について詳しくご紹介します。

フィナステリドとミノキシジルの併用

プロペシア(フィナステリド)とミノキシジルの併用は、男性型脱毛症(AGA)治療において可能です。これらの治療薬は、厚生労働省によって発毛効果が認められており、作用機序が異なるため、併用することでAGAの改善効果を高めることが期待できます

男性型脱毛症を専門とする病院やクリニックの多くは、フィナステリドとミノキシジルの併用を推奨しています。これは、両方を組み合わせることで発毛効果をさらに促進できるためです。

フィナステリドは、プロペシアの有効成分であり、ジヒドロテストステロン(DHT)の生成を防ぎ、AGAの進行を抑制します。DHTは、男性ホルモンのテストステロンと頭皮の5αリダクターゼII型が結合して生成されます。フィナステリドはこの5αリダクターゼII型を阻害することで、DHTの生成を抑え、AGAの進行を抑制します。

フィナステリドでAGAの進行を抑制しながら、ミノキシジルで発毛を促すことができます。多くのクリニックでこの併用療法が採用されており、両薬剤の作用機序が異なるため、副作用の面でも共通点は少ないです。

フィナステリドの副作用

フィナステリドの副作用には、以下のものがあります。

  • 過敏症(発疹、全身のかゆみ、アレルギー、口唇腫脹、顔面浮腫など)
  • 下痢
  • 胃の不快感
  • リビドー減退
  • 性機能低下(勃起不全、射精障害)
  • 肝機能障害(※重篤な副作用)

性機能の低下は、フィナステリドの男性ホルモン抑制効果による症状です。ただしリビドー(性欲)減退の発症率は1.1%で、ED(勃起不全)は0.7%ほどですので、ほとんどの方に副作用が出ることはありません。

フィナステリドの副作用の発症率は低いですが、稀に肝機能障害につながることがあります。身体に異常を感じた場合は、すぐに服用を中止して医師の診察を受けてください。

フィナステリドの注意事項

  • 肝機能障害を患っている人への使用については、慎重を要します。

フィナステリド錠の成分は肝臓で分解・代謝されるため、肝機能が低下している場合は、薬剤が体外へ正常に排出されず、血中濃度が高くなる可能性があります。そのため、肝臓の機能障害を治療している、もしくはその疑いのある方は、医師に相談してからフィナステリド錠を使用するようにしましょう。

フィナステリド錠の併用注意薬は特にありませんが、他の薬剤を使用中で不安を感じる場合は、医師に相談してからフィナステリド錠を服用しましょう。

関連商品