【正規品保証】海外医薬品・サプリを会員登録不要で手軽にネット通販

ヘルペス

単純ヘルペス(HSV)感染症は、皮膚や粘膜、神経などに痛みを伴う水疱が現れる症状です。
全身に出る病気ですが、特に口や唇、性器に発症するケースが多く見られます。

原因となる単純ヘルペスウイルスは非常に強い感染力を持っていて、水疱に直接触れるだけではなくウイルスの付着した肌やタオル、グラスに触れることでも感染します。

感染しても水疱を発症するのは1割程度で、多くの場合は口や喉に軽い腫れ、痛みを感じる程度でおさまります。
ただ、一度感染するとウイルスが皮膚や神経系に潜伏しますので、疲労やストレスなどで抵抗力が落ちると痛みを伴う水疱が引き起こされ発症に至ります。

単純ヘルペスウイルスを体から完全に除去する方法はなく、発症したらその都度、抗ヘルペスウイルス薬を服用するしかありません。

単純ヘルペスウイルス感染症の症状

単純ヘルペスウイルスは、数種類あるヘルペスウイルスの一種でHSV-1とHSV-2の2種類あり、発症する部位に違いがあります。

  • HSV-1…粘膜に発症する。口・唇の潰瘍(口唇ヘルペス)、眼の角膜の潰瘍(単純ヘルペス角膜炎、単純ヘルペス角膜炎)の主な原因
  • HSV-2…皮膚に発症する。性器ヘルペスの主な原因

感染すると、初感染では患部にかゆみや小さな水疱ができます。
悪化させるか、再発症においては痛みを感じる水疱や潰瘍が現れます。

全身のどこにでも発症する病気ですが、主に口や唇、性器にかかることが知られています。
症状が出る場所に応じて名称が代わり口、唇に出るものを口唇ヘルペス、性器に出るものを性器ヘルペスと呼び、中でも口唇ヘルペスは再発率が高く体調不良で発症することも少なくありません。

初めて感染した際の単純ヘルペスウイルス感染症で水疱が出ることはほとんどありませんが、ウイルスへの免疫がないため重症化させると再発時より治療に時間がかかります。
二度目以降の発症ではウイルスに耐性ができているため、一度目より症状は軽くなりますが、早めの治療が大切なことは変わりません。

単純ヘルペスウイルスは一度感染すると体内から取り除くことができませんので、疲労やストレスで免疫力、抵抗力が低下したとき再発することがあります。

口唇ヘルペス

大人の口唇ヘルペスはほとんど再発型で、多いときは年1〜2回再発を繰り返す疾患です。

皮膚に現れる症状は以下の過程で治っていきます。

  1. 前駆期:患部の違和感
    口唇ヘルペスの前兆として、患部に熱や違和感、かゆみが感じられます。この段階で発症に気づく人もいます。
  2. はじめの症状:赤い腫れ
    患部の違和感などの自覚症状から、半日ほどで赤く腫れてきます。この段階は患部でのウイルス増殖が活発化していますので、この時点で治療を始められれば重症化せず治せます。
  3. 2〜3日後の症状:水疱
    赤く腫れた部分に水疱が現れます。初感染時の水疱は大きく、再発時は小さくなっていきますが、水疱の中にはウイルスが詰まっていますので触って破らないように気をつけてください。
  4. 回復期:かさぶた
    ウイルスが少なくなり、かさぶたが出来てきます。

体調(免疫力)によって多少の違いはありますが、大体これら4つの症状を経て2週間ほどで回復します。
また、通常の口唇ヘルペスの再発は1回に1ヶ所だけ現れます。

性器ヘルペス

主な症状

  • 水疱、腫瘍
  • 発熱
  • 全身のだるさ
  • 排尿時の痛み
  • 便秘

初めて性器に感染した場合、性器の周辺や肛門、女性なら膣内に水疱や潰瘍ができることがあります。
初感染で初期の性器ヘルペスは、ほとんど症状が軽く早く回復しやすいと言われていることに加え、体の内側に水疱ができると可視化できず痛みもそれほど出ないことから、気づかないことも珍しくありません。

水疱の他には発熱や倦怠感、排尿時の痛み、排尿困難、便秘などが引き起こされることもありますが、これらの症状が出ないこともあります。

性器ヘルペスの再発は、まず水疱ができる数時間から2〜3日前にそ径部に軽い痛みやかゆみなどの不快感が現れます。
そこから赤く痛みを伴う水疱が皮膚や粘膜に出て、破れることで潰瘍になります。
この時点での水疱は見てわかりやすく、強い痛みを感じるためすぐに治療しましょう。
適切な治療をおこなえば、おおよそ1週間程度で改善します。

太ももや臀部に発症することもあります。
陰部の潰瘍がさらに細菌感染を起こすと、炎症をひどくして悪臭のあるドロドロの分泌物を出すこともありますので、発症したら放置しないようにしてください。

角膜炎ヘルペス

単純ヘルペスウイルスは、目に感染することもあります。

特に多いのが目の表面をおおっている透明な角膜の感染症で、稀に症状を悪化させることで失明する危険もはらんでいます。
感染した単純ヘルペスウイルスの種類によって、感染期間、重症度、治療薬の効果が異なってきます。

症状は角膜の表面から進み、目が赤くなると同時に軽い痛みを感じ、光に過敏になりますが、ほとんどの場合ここで治ります。
ただし、4人に1人は2年以内に再発することがあるため、目に違和感を感じたらすぐ治療に当たってください。

重症化すると、角膜が白く濁り目の中に炎症が引き起こされることがあります。
単純ヘルペスによる角膜の潰瘍は、慢性化してとても治りにくく厄介です。

口、性器、眼以外に現れるヘルペス

ほとんどのヘルペスは口唇ヘルペスや性器ヘルペスですが、その他に発症することもあります。

太ももや手足、臀部など体に出る単純ヘルペスウイルス感染症の水疱は大きくならず、広い範囲に分散しますが、神経に沿って大きい水疱が広がっている場合は帯状疱疹ということもありますので治療方法を変えなければいけません。

治療をおこなわず感染が進行すると、潰瘍が大きく広がり食道から肺、脳、髄膜(脳と脊髄を覆う組織)、結腸に被害が拡大するケースも報告されています。
食道の感染では食べ物を飲み込みとき痛みが起こり、肺の感染においては咳や息切れを伴う肺炎などの合併症を引き起こします。

稀に単純ヘルペスウイルスが脳に感染するヘルペス脳炎を発症することもあり、錯乱や発熱、けいれん発作を経て死に至るおそれもあります。

単純ヘルペスウイルス感染症の原因

感染はウイルスが付着しているものに触れることで起こります。
他人だけではなく、自身の感染した部分がそうではない場所に触れた際にも同じようにウイルスが付きます。
患部だけではなく、感染した人が触れたタオルやグラスなど物を触るだけでも感染しますので、ほとんどの人が保菌していると言えるでしょう。

感染した場合は、2〜10日の潜伏期間を経て症状が現れます。
抵抗力が強ければ発症しないか、してもごく軽微な症状で自覚できないこともありますが、体調不良やストレスで免疫力が落ちている場合は発症まで早いと言われています。
特にアトピー性皮膚炎にかかっている人は皮膚の抵抗力が落ちていますので、症状が重症化しやすいリスクがあります。

一度でもヘルペスに感染したことがある人は、症状が出ていない状態でも保菌している部位からウイルスを出しています。
症状がでている状態では、より大量のウイルスを排出すことになります。

性行為は特に感染しやすく、また自覚症状が出るまで気づきにくいことから注意が必要です。
相手が増えるほど感染の危険性は高まります。

眼に感染する角膜ヘルペスは、一度感染したら片方の眼や他人に感染することはほとんどありません。
ただ、免疫力の低下がひどい場合は、目の角膜以外の網膜や、脳など体の他の部分にうつるケースもあります。

単純ヘルペスウイルス感染症の治療薬

一般的な単純ヘルペスウイルス感染症の治し方は、抗ウイルス薬の服用や塗布です。

単純ヘルペウイルスは体内から完全に消すことができませんが、抗ウイルス薬の使用によりウイルスの増殖を抑制し、症状をやわらげ改善までの時間を短縮することができます。

症状が軽ければ、1日数回、患部に治療薬を塗ることで改善します。
いずれにせよ、自覚症状が現れたらすぐに治療薬を使用することが早期治療に大切です。

水疱が引き起こされる前段階で、患部にかゆみや違和感を感じますので、この時点で治療薬を使えば痕になることもありません。

95.9%の人に効果が認められたバルトレックス

1日2回の服用で効果が得られる治療薬です。

主成分はバラシクロビルで、ウイルス増殖を抑えるアシクロビルが改良された成分です。
吸着性に優れ長時間ウイルスの増殖を阻害することで、従来のヘルペス治療薬に比べて服用回数を少なくすることを可能にしました。

世界初のヘルペス治療薬ゾビラックス

ヘルペス感染細胞にのみ有効性が認められた初めての成分アシクロビルが使われています。
バラシクロビルと同様に体内でのヘルペスウイルスの増殖を阻害し、症状の悪化を防ぎます。

30年以上前から使われている治療薬で、単純疱疹や帯状疱疹の治療にも用いられます。
1日4錠の服用となりますが、現在でも服用されている信頼できる治療薬と言えるでしょう。

最新のヘルペス治療薬のジェネリック、ビロビル

今一番新しいヘルペス治療薬ファルビムのジェネリック医薬品です。
これまで開発されたヘルペス治療薬の中でも即効性に優れていて、服用後すぐウイルスの増殖を止めます。

有効成分はファムシクロビルで、単純疱疹と帯状疱疹どちらにも速やかに効果を発揮することから多く利用されるようになってきました。

単純ヘルペスウイルス感染症の予防策

ウイルスに触れたのち、抵抗力や免疫力の低下によりヘルペスは発症しますので、正しい予防策をとれば感染拡大や再発を避けることも可能です。

  • 患部に触った部分はすぐ石鹸で洗う
  • 発症している間は、タオルや食器の共有をしない
  • 臀部に症状が出ている場合、トイレの便座を消毒する
  • 水疱を破らない(痕になって残るケースもある)
  • 性行時に装着タイプの避妊具を使用する
  • コンタクトレンズを唾液で濡らして付けない

日常的にできる方法は以上です。
患部を清潔に保つことは予防と治療どちらにも有効ですので、習慣にすることをオススメします。

なお、ヘルペスは症状が顕現していなくても、治療薬を毎日飲むことで再発防止できます。
性器ヘルペスが頻発する場合、バルトレックスを常用することで軽減させることもできます。