Loading…

  

生理中にダイエットしても無駄?効果的に痩せる方法を解説

生理中にダイエットしても無駄?効果的に痩せる方法を解説

「生理中にダイエットをしても良いの?」「生理中もダイエットをしたいけど生理痛があってしんどい」とお悩みではありませんか?

本記事では生理中にダイエットしても意味があるのか、無理なくできるダイエット法はないのかなどについて詳しく解説しています。

「生理中にダイエットをしても体に負担をかけないか心配」、「生理周期が不安定でいつダイエットしても効果が出ない」…

このようなお悩みをおもちではありませんか?生理中は生理痛があったり体を動かすのがだるく感じたりして、ダイエットにあまり身が入らない方もいるのではないでしょうか。生理周期が不安定でいつダイエットをしてもあまりにも体重が減らず、やる気が削がれて途中で諦めてしまう方も少なくありません。

今回は、生理中にダイエットを行っても問題ないのか、どうすれば無理なくダイエットができるのかについて詳しく見ていきましょう。

  

生理中のダイエットに意味はあるのか

生理中にダイエットを行う意味はあるの?と気になっている方が多いでしょう。人によっては生理中にダイエットをしてもあまり変化が見られないことがあります。

~女性には痩せ期とそうでない時期がある~

女性の体は、ホルモンバランスが変化するため痩せやすい時期と痩せにくい時期とに分かれています。一般に痩せ期と呼ばれているのは、生理終了後から排卵前の時期です。

一方で生理前から生理中は、痩せにくい時期として知られています。この時期は普段よりもプロゲステロンの分泌量が多くなり、体が栄養素や水分を溜め込もうとしてしまうのです。そのため、生理中にダイエットを行っても体重に変化が出づらくなります。

~生理中の女性の体はどうなっているの?~

女性の体は、生理周期に伴ってホルモンバランスが大きく変化します。女性ホルモンには主にエストロゲンとプロゲステロンの2種類がありますが、特に注目したいのがプロゲステロンのほうです。

プロゲステロンには栄養素や水分を溜め込む働きがあるため、分泌量が増えると体重が減りづらくなります。排卵日を境にプロゲステロンは一気に増え、高温期が終わる時期、つまり生理が始まるタイミングで分泌量は急激に減少するのです。このように、女性は生理周期と共に体内のホルモンバランスが大きく変化します。

生理中の女性の体はどうなっているの

生理中はダイエットを休むべき?

生理中に激しく運動を行ったり、過度な食事制限をしたりするのは良くないと言われています。なぜなら、無理をすることで体調を崩しやすくなるためです。無理なダイエットによりホルモンバランスが崩れ、生理周期が乱れてしまうこともあります。

● 体調が悪くなければダイエットを休む必要はない

生理中はダイエットをしないほうが良いというイメージをおもちの方もいるかと思いますが、体調が悪くなければダイエットを行っても問題ありません。ただし、無理をしないように気をつけましょう。

生理痛がひどい時に過度な運動を行うと、かえって体調を崩す恐れがあります。しかし、適度な運動であれば血行が良くなって生理痛が緩和する可能性があるので、様子を見ながら体を動かしましょう。

● なぜ生理中は痩せにくいの?

「生理中に運動をしても痩せない」と悩んでいる方も多いかと思います。生理が始まるとプロゲステロンの分泌量が減るため、体は少しずつ痩せやすい状態に向かっていきますが、生理が始まってすぐの頃は体がまだ溜め込みやすい時期のため痩せにくいのです。

また生理中は、人によって食欲が増えてしまうこともありついつい食べすぎてしまうことがあります。生理が終わる頃になると、体に溜まっていた余分な水分が排出され、食欲も落ち着いてくるので痩せやすくなるというわけです。

● 生理中に太らない方法

ダイエットをずっと継続して行っている方にとって、生理は厄介なものと感じるかもしれません。生理前から何をやっても体重が減らなくなり、生理が終わるまで元に戻らないことがあるためです。体が水分を溜め込むため、一時的に体重が増えて太ったように感じます。

生理前から生理中にかけては太るものだと諦めている方もいるでしょう。生理中に太らないようにするためには、食べ過ぎに気をつけて適度な運動をするのがベストです。ホルモンバランスの関係上、まったく体重が増えないようにするのは簡単ではありません。しかし、生活習慣や食生活に気をつけることで生理中でも増えにくいようにすることはできます。

生理中のダイエット

  

生理中のダイエット方法

生理中は体を休めるためにダイエットを中止する方もいますが、継続してダイエットを続けたいという方もいるでしょう。無理なくダイエットを行う方法として、次のものが推奨されています。

● 軽い運動や筋トレ

生理中でも軽い運動や筋トレは行っても問題ありません。ただし、体調が悪いときは無理して行わないようにしてください。ウォーキングやジョギングなどの軽い有酸素運動は、血行を促進するため生理中の運動に適しています。

筋トレは大きな負荷をかけすぎない程度に行いましょう。体を動かすことでストレス解消にもなり、どか食いを防ぐ効果もあります。

● ストレッチやヨガ

あまり体を動かしたくないという方は、ストレッチやヨガにチャレンジしてみてください。体に無理な負荷をかけることなく、血行を良くできます。お風呂上がりは体が温まっており血行を良くしやすいので、ストレッチやヨガをするならこのタイミングがおすすめです。

生理中のダイエット方法

  

ピルを活用すれば無理なくできるダイエットを続けられる

「生理不順で痩せにくい時期がずっと続くのがつらい」「生理中でも痩せやすい体になりたい」とお悩みの方におすすめなのがピルです。ピルを服用することで、無理なく痩せやすい体をキープできます。

● ピルを服用するとホルモンバランスが安定する

通常は、排卵が起こると同時にプロゲステロンの分泌量が増え、生理が始まると減少し始めます。プロゲステロンの量が多い時期は栄養素や水分を溜め込みやすく、ダイエットには不向きです。そのため、生理前から生理中にかけてはダイエットを行ってもなかなか効果が出ません。

しかしピルを服用すると、プロゲステロンの分泌量がほぼ一定になるため、ホルモンバランスに左右されることなくダイエットの効果が出るようになります。そのため、生理中でもダイエットを効率良く行えるようになるのです。また、ピルの服用することで生理痛緩和にも効果があります。

~ダイエットにおすすめのピル~

ダイエットには低用量ピルや超低用量ピルの服用が向いています。ここでは、おすすめのピルについていくつか見ていきましょう。

トリフリー


トリフリーは、トリキュラーのジェネリック医薬品です。黄体ホルモンとしてレボノルゲストレルが配合された第2世代の低用量ピルです。不正出血を起こしにくいので使いやすいと言われています。3相性といってホルモン配合量の異なる3種類の錠剤を順番に飲んでいくため、自然に近い形でホルモンバランスを整えることが可能です。

マーシロン


黄体ホルモンとしてデソゲストレルが配合された第3世代のピルです。ほかのピルと比べると、男性ホルモンの活性が抑制されています。そのため、ニキビや肌荒れの治療にも効果的です。

オブラルL


オブラルLは、黄体ホルモンとしてレボノルゲストレルを含んだ第2世代の低用量ピルです。1相性のため、どの錠剤を服用しても配合されているホルモン量は変わりません。不正出血が起こりにくいため、安定した生理周期を作るのに向いています。

ヤスミン


黄体ホルモンとしてドロスピレノンが配合された、第4世代のピルです。含まれている黄体ホルモンの量が0.03mgと少量のため、超低用量ピルと呼ばれています。ニキビやむくみなどの副作用が出づらいことが大きな特徴です。

  

~ダイエットのお助けアイテムの使用もおすすめ~

低用量ピルや超低用量ピルと合わせて、ダイエットを補助するためのアイテムを使うのもよいでしょう。併用することで、痩せにくい生理中でもダイエットを行いやすくなります。

オルリファスト

オルリファストは、ゼニカルのジェネリック医薬品です。食事から摂取した油のうち、約30%をそのまま便と一緒に排出します。

ゼニカル

主成分としてオルリファストが配合されたダイエット薬です。ジェネリック医薬品のオルリファストと同様に、摂取した油の約30%を便と一緒に排出します。脂っこい食事を好んで食べる方におすすめです。

フォシーガ

SGLT2阻害薬と呼ばれる糖尿病治療薬の仲間です。尿と一緒に糖を排出することで、自然にカロリーカットができます。

リベルサス

GLP-1受容体作動薬と呼ばれる薬で、本来は糖尿病の治療薬として使われています。食欲を抑えることで食べ過ぎを防ぐことのできる薬です。

メトホルミン

糖尿病治療薬であるメトグルコのジェネリック医薬品です。食べ過ぎを防ぎ、満腹感を持続させることでダイエットをサポートします。

グルコバイ

食事の直前に服用することで、血糖値の急激な上昇を抑える糖尿病の治療薬です。糖分の吸収を抑える働きがあるため、ダイエットにも効果があります。

スタッカー2

海外のダイエッターに人気のサプリメントです。体内に溜め込まれている脂肪の燃焼をサポートするググルステロンやポリフェノールなどが配合されています。

ザントレックスブラック

天然ハーブの力によって食欲を抑えたり脂肪の燃焼を助けたりするサプリメントです。朝鮮人参やガラナ、マカやナイアシンなどさまざまな成分が配合されています。

  

生理周期を利用して賢くダイエットをしよう

女性はどうしても生理周期によってダイエットの効果が左右されてしまいます。生理後から排卵前までは痩せやすく、生理前から生理中は痩せにくいということを覚えておくと、体重が減らなくても少し気が楽になるかもしれません。

プロゲステロンの分泌量が減少し生理が始まると、体は少しずつ痩せやすい状態になります。この時期はデトックスにも良いと言われているので、無理のない範囲で体を動かしたり食事に気を使ったりしてダイエットを行いましょう。

  

まとめ

生理中は栄養素や水分を溜め込みやすく、痩せにくい時期です。無理に体を動かしたり極端な食事制限を行ったりしても、ホルモンバランスの関係上、なかなか痩せません。

生理中もダイエットを継続したい、体重が減りやすい状態を維持したいという方は、低用量ピルや超低用量ピルの服用を検討してみてください。栄養素や水分を溜め込むプロゲステロンの分泌量が一定になるため、生理中でも痩せやすい体になります。

生理中のダイエットまとめ

  

参考文献・情報

トリキュラー インタビューフォーム

関連商品