Loading…

お知らせ:[2024-04-12] 【重要】発送元の休業に伴う発送の遅延について

もっと見る

自宅でのホワイトニング歯磨き粉で歯は白くなる?効果はどうなの?

「歯をホワイトニングしたいけど、クリニックへ通う費用が心配…」そんな悩みはありませんか?実は、高額な費用をかけずに自宅で簡単にホワイトニングできる方法があります。この記事では、自宅でできるホワイトニング方法と、おすすめのホワイトニング歯磨き粉を紹介します。

最近、マスクを外す機会が増え、歯の色を気にする人が増えています。笑顔を見せるとき、自信を持って歯を見せられますか?歯を白くする方法としては、クリニックでの施術と市販の歯磨き粉の使用があります。

しかし、市販の歯磨き粉だけで本当に効果があるのか、疑問に思う方もいるでしょう。そこで、市販のホワイトニング歯磨き粉の効果や、クリニックのホワイトニングとの違いをこの記事で解説します。おすすめの歯磨き粉も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

歯を白くするにはどうしたらいいの?

歯を白くする方法としては、クリニックの施術と市販の歯磨き粉の使用があります。それぞれの特徴について、詳しく見ていきましょう。

〈ホワイトニング歯磨き粉を購入する〉

ホワイトニング歯磨き粉は市販で手軽に購入でき、最も簡単なホワイトニング方法と言えます。普段使っている歯磨き粉をホワイトニング用のものに変えるだけで、手軽に白い歯を目指せます。しかし、クリニックでのホワイトニングほどの効果は期待できない点には注意が必要です。

〈クリニックを受診する〉

歯を確実に白くしたい場合は、クリニックの受診をおすすめします。クリニックでは、主に漂白剤を使用したホワイトニングが行われています。

漂白剤としては、過酸化水素が一般的に使用されます。これにより、歯を化学的に白くします。必要に応じて歯の表面を研磨することもあります。また、薄いセラミックを歯に貼り付ける方法もあります。クリニックでのホワイトニングの相場は、一回あたり約10,000~70,000円で、施術方法によって価格は異なります。

市販のホワイトニング歯磨き粉は「元の色に戻す」効果のみ

市販のホワイトニング歯磨き粉では、元の色以上に白くすることはできません。歯に付着したステインを落として元の色に戻してあげる効果しか望めないのです。そのため、どこまで歯を白くしたいのかによっては、市販のホワイトニング歯磨き粉では効果が不十分に感じることもあります。ホワイトニング歯磨き粉を使用したからといって、真っ白な歯になることはまずありません。どうしても元の色以上に歯を白くしたいのなら、やはりクリニックに通うのが一番です。

クリニックのホワイトニングに使用されている過酸化水素とは?

クリニックのホワイトニングでは、過酸化水素という成分がよく使用されています。過酸化水素は強力な漂白剤ですが、市販の歯磨き粉には含まれていません。

〈歯を元の色より白くする効果が期待できる成分〉

過酸化水素は、元の色よりも白くする効果が期待できます。消毒薬のオキシドールと同じ成分です。過酸化水素を歯に塗布し、光を当てることで歯が白くなります。

クリニックでは一般的に使用されている成分ですが、必ずしも安全性が高い成分とは言えません。消毒薬として簡単に手に入る成分ですが、皮膚や歯肉に付着すると火傷をする恐れがあるのです。また、歯に割れや欠けがあると過酸化水素が神経まで到達して痛みが生じる可能性があります。取り扱いに注意が必要なため、過酸化水素をホワイトニングに使うためには歯科医師免許が必要です。

〈日本では歯磨き粉に過酸化水素を配合できない〉

日本で過酸化水素を配合した歯磨き粉を販売することは、薬機法で禁止されています。そのため、薬局やドラッグストアで過酸化水素が配合された歯磨き粉を購入することはできません。過酸化水素を使用してホワイトニングをしたい場合は、クリニックを受診しましょう。

〈過酸化水素配合の歯磨き粉は海外製の製品に含まれている〉

日本では薬機法の都合上、過酸化水素を配合したホワイトニング歯磨き粉は販売されていません。しかし、海外では日本とは違って一般的なドラッグストアや薬局で購入できるようになっています。近頃では、個人輸入をして過酸化水素配合のホワイトニング歯磨き粉を購入している方もいるようです。しかし、日本人の歯と外国人の歯は構造が違います。海外の方は平気な濃度でも、日本人が使用すると歯茎がただれたりしみたりする恐れがあるので注意しましょう。

そもそも歯はなぜ黄ばむの?

「歯磨きをきちんとしているつもりなのに、なぜか歯が黄ばんでしまうの…」といったお悩みはありませんか?歯が黄ばむ原因には、おもに2種類あります。1つは歯の外側に着色汚れがつくこと、もう1つは歯の色そのものが変色することです。一般的には、歯の外側に着色汚れがついているケースがよく見られます。

〈黄ばみはステインが原因〉

歯磨きをしてもなかなか取れない汚れの原因は、多くがステインです。ステインは、食べ物や飲み物に含まれている色素が歯のエナメル質にあるたんぱく質と結びつくことで蓄積していきます。とくにコーヒーやお茶、赤ワインなどのようにポリフェノールを多く含む食品はステインの蓄積につながりやすいので注意しましょう。ステインはただの汚れとは違い、普通に歯磨きをしても落ちません。ただし、歯そのものが変色しているのではなく、表面に汚れが付着しているだけなので正しいホワイトニングを行えば落とすことができます。

〈ステインを予防するためには小まめな歯磨きが効果的〉

ステインは一度付着するとなかなか取れません。とはいえ、ステインの原因は食べ物や飲み物なので、歯にまったくステインがつかないようにするのは難しいでしょう。ステインを予防するためには、飲食した後にしっかり歯磨きをすることが大切です。早めに歯磨きをすることでステインによる着色を防げます。

本格的なホワイトニングを自宅でしたいなら2080歯磨き粉がおすすめ

「ホワイトニングはしたいけど、クリニックに通う時間がない」「クリニックでホワイトニングをした後の白さをできるだけ維持したい」と考えている方におすすめなのが、2080歯磨き粉です。

2080歯磨き粉のコンセプト〉

2080歯磨き粉は、20代のような健康な歯を80代になっても保てるようにとのコンセプトで開発されました。80代にもなると、歯を失ってしまう方が増えてきます。日本医師会が公表している平成28年のデータによると、80~84歳で残っている歯の本数は、平均で15.3本だそうです。

歯の本数の減少は認知症や転倒リスクが上がったり要介護状態になる危険性が増えたりする原因になります。2080歯磨き粉は、80歳になっても20代のような歯を維持することで健康でいられるようにすることを目的とした歯磨き粉なのです。

2080歯磨き粉の成分〉

2080歯磨き粉には、次のような成分が配合されています。

  • シリカ
  • ピロリン酸ナトリウム
  • フッ化ナトリウム
  • トコフェロール酢酸エステル

シリカは、歯の表面を覆っているエナメル質を厚くし、汚れを落とす成分です。ピロリン酸ナトリウムは汚れを浮かせて歯をきれいにし、さらに汚れの付着を防ぎます。フッ化ナトリウムは、歯垢による酸の生成を抑え、再石灰化を促すことで歯のダメージを修復する成分です。トコフェロール酢酸エステルは歯茎の血流を良くして健康を保ちます。

2080歯磨き粉の効果〉

2080歯磨き粉に期待できる効果は、次のとおりです。

  • ホワイトニング効果
  • 虫歯の予防効果
  • 歯茎を健康にする効果

2080歯磨き粉に含まれているシリカは、クリニックで使われている過酸化水素とは違い、歯茎にダメージを与えることがありません。それでいてステインのような落ちにくい汚れも取り除いてくれます。フッ化ナトリウムが含まれているので、虫歯の予防にも効果的です。

まとめ

日本で販売されている歯磨き粉を使用しても、クリニックでホワイトニングをするときのように歯が白くなることはありません。しかし、ホワイトニングに特化した歯磨き粉を使えば、歯の白さを保つことができます。2080歯磨き粉は、20代のような健康な歯を80歳まで保てるように作られた歯磨き粉ですが、シリカが配合されているためホワイトニングにもぴったりです。日本では高いホワイトニング効果のある過酸化水素が配合された歯磨き粉は販売されていません。歯を白くしたい、白さを維持したいという方は、ぜひ2080歯磨き粉を使用してみてください。

参考文献・情報

関連商品