【正規品保証】海外医薬品・サプリを会員登録不要で手軽にネット通販

ニキビ

尋常性ざ瘡とも呼ばれる炎症性皮膚疾患の一種で、細菌や過剰分泌された皮脂により発症します。一般的に思春期に出るものを尋常性ざ瘡と呼びそれ以外のニキビは吹き出物や大人ニキビと呼ばれます。

皮膚は数ヶ月単位でターンオーバーを繰り返し古い皮脂や老廃物を外に押し出しますが、加齢やストレス、生活習慣の乱れ、ホルモンバランスの乱れなどで皮脂が溜まると細菌が増殖し炎症を招きます。皮脂の分泌が多いおでこ(前額部)や頬、口周り、顎によく出やすく、胸部や背中にできることも珍しくありません。

皮膚が腫れや痛みを起こしているニキビの予防・治療は、低刺激のスキンケアが基本とされます。症状の重さによって治療方法は異なりますが、薬を使った自己治療からクリニックでの専門機器を用いた治療までさまざまです。

ニキビの症状

ニキビを発症しやすい箇所<?h3>

発症が多い部位
  • Tゾーン(おでこ、眉間、鼻筋)
  • Uゾーン(頬、顎)
  • 胸、背中など
自覚症状
  • 毛穴を中心に多数の皮疹が発生する。
  • 症状が悪化すると皮疹が炎症を伴って赤くなり、内部に膿が溜まり始める。
発症の条件
以下の要素に当てはまる時期に発症しやすい。

  • ホルモンバランスが大きく乱れている
  • 生活習慣が不規則になっている
  • ストレスや肉体的な疲労が溜まっている
勘違いしやすい疾患
  • 【毛嚢炎】毛根部分に出る炎症で傷口にブドウ球菌が感染して腫れる
  • 【おでき】毛穴の内部や皮脂腺に黄色ブドウ球菌が感染して起こる腫れ
  • 【稗粒腫】目の周りに1~2ミリくらいの大きさでできるポツポツで表皮嚢腫の一種

ニキビには思春期から青年期に多く発生する思春期ニキビと、大人になってから生じる大人ニキビの2種類があります。

顔や胸、背中に出やすく、特におでこから鼻にかけてのTゾーンや頬から顎にかけてのUゾーンに多く見られ、放置してそのまま治ることはほとんどありません。

Tゾーン(おでこから鼻)に出るニキビ

おでこや眉間、鼻筋に現れるニキビは思春期に多く、皮脂の増加に伴い肌表面が油っぽくなる特徴があります。

顔の中でもおでこや鼻は皮脂腺が多い箇所で、ホルモンバランスが崩れる思春期に皮脂分泌量が増え未発達の毛穴に皮脂が詰まりやすくなるため発生が増えると言われています。

大人になってTゾーンに出た場合は、前髪がおでこに与える刺激や整髪料の刺激、流しきれないシャンプーが原因になり起こります。

Uゾーン(頬から顎)に出るニキビ

フェイスラインのニキビは、Tゾーンの皮脂過剰分泌と違い乾燥やホルモンバランスの変化で発症しやすく、肌表面が乾燥して色合いが悪くなる特徴があります。

フェイスラインはもともと汗腺が少なく、水分不足で肌の乾燥を生じることが少なくありません。保水機能が衰えると皮膚細胞の代謝も弱まり、毛穴に角質が蓄積し水分不足を補う皮脂分泌が増えてニキビなど肌トラブルを起こします。

女性は特に月経周期後半のホルモン分泌が変わるタイミングで、フェイスラインにニキビが出るケースが多いとされています。また女性の顎は男性ホルモン受容体が多くあるため、ストレスで男性ホルモン分泌が活発になると顎ニキビが増えることになります。

Uゾーンのニキビは悪化しやすく、中でも頬は炎症が広がり治療後も肌がボコボコになるリスクが高いため適切なケアが特に必要です。隠すのが難しい部位なのでファンデーションを厚く塗りがちですが、これにより毛穴がさらに詰まって症状をさらに悪化させる悪循環も起こりやすいため注意が必要です。

胸や背中に出るニキビ

体(胸、背中)に発生するニキビは、多くの場合汗や皮脂汚れが蓄積して出ると言われています。

もともと胸部や背中には皮脂腺が多いためアクネ菌も増えやすく、胸の下や背中の中心部分は特に入浴時の洗い残ししやすくアクネ菌の繁殖を助長することもニキビが出やすい原因です。

特に胸元は皮膚が薄いため刺激に弱く肌荒れが起こりやすいので、入浴時に優しく洗ったりうつ伏せで寝る癖を変えるなどするだけで改善するケースも珍しくありません。身につけているアクセサリーが刺激になっていることもあるため、治療薬を使用している際は肌に直接アクセサリー類が触れないようにすることも有効です。

ニキビの種類

ニキビの種類は症状の違いに応じて区別されます。

毛穴が皮脂に詰まった初期状態の白ニキビから炎症を起こして肌が変色した紫にニキビまで段階的に変化していき、それぞれ適切な治療方法も変わります。そのため自身の症状と種類を知ることは、効果的な改善に大いに役立ちます。

白ニキビ

毛穴が角栓で塞がれ内部に皮脂溜まりができている状態のニキビで、閉鎖面皰(面ぽう)と言われます。

白く小さな吹き出物で炎症は出ておらず、アクネ菌の増殖もほとんど見られません。

初期段階の症状なので、この時点で抗菌薬でのケアを開始すれば重症化することもなく、ニキビ跡を残さず改善することが可能です。

黒ニキビ

白ニキビの毛穴が開いて内部の皮脂が現れ、内側のメラニン色素が現れることで黒く見えるようになった開放面皰(面ぽう)と言われる状態です。

酸素に触れて皮脂が黒く酸化した段階で白ニキビと同様に炎症はありませんが、悪化しやすいため迅速な処置をする必要があります。

赤ニキビ

黒ニキビから症状が進行すると、炎症を起こし赤く腫れる赤色丘疹になります。赤ニキビは皮脂が増加しアクネ菌が大量に繁殖することで起こり、サイズは大小さまざまですが大きなものは治りにくく厄介です。

中等症に分類され一般的な皮膚疾患として認識される赤ニキビは、抗生物質薬の治療が有効です。

黄色ニキビ

アクネ菌の増殖が進み、炎症がよりひどく膿むようになると黄色ニキビになります。

重症化した黄色ニキビは盛り上がっていてニキビ跡が残りやすく、アクネ菌が毛包壁を破壊し炎症を周囲に広げていくため、自然に治すことは困難です。また軽い刺激でも潰れるので、発症したら触れずに治療を進めてください。

痛みと腫れが強い症状ですが、内服タイプの抗菌薬や外用薬、ケミカルピーリングといった治療が有効です。

紫ニキビ

黄色ニキビから悪化し、毛穴内部に膿が溜まり内出血を起こして重症化した状態です。

皮膚の深部に炎症が起きることで内部に膿がたまり広範囲が腫れる嚢腫を生じ、強い痛みを伴うようになると言われています。赤く腫れた大きな嚢腫が5個以上ある場合は嚢腫性(深在性)ざ瘡と呼ばれ、嚢腫同士が結合し結節になりさらに大きい嚢腫になるリスクも少なくありません。

色素沈着が出る他、最終的な悪化では合併症を発症し嚢腫によるニキビ跡や内出血での赤み、デコボコが残るとされています。

ニキビの原因

大人ニキビや思春期ニキビといった違いはありますが、基本的にニキビの原因は下記の3つです。

  • 毛穴の詰まり
  • 皮脂の過剰分泌
  • アクネ菌の異常増殖

ニキビの発症要因は、毛穴内部に古い皮膚細胞の角質や乾燥した皮脂が溜まったり皮脂を栄養とする細菌の繁殖などが挙げられます。

通常であれば、皮膚細胞の新陳代謝が進む過程で死んだ皮膚細胞は角質(垢)となって自然に剥がれていき、新しい細胞に変わっていくターンオーバーが繰り返されていきます。同時に、皮膚線から生成された皮脂は毛穴を通じて皮膚表面に分泌され、肌の保護や保水の働きを担い健康な肌状態を保ちます。この状態であればニキビが出ることはありません。

何らかの原因でターンオーバー機能が弱まり細胞の新陳代謝が正常にされなくなると、角質が排出されず毛穴内部に溜まるようになり皮脂と結合して毛穴詰まりを起こす角栓を形成します。角栓で毛穴が塞がれると皮脂の放出もされなくなるため、内側に溜まって白ニキビになります。

さらに、毛穴内に皮脂が溜まると在中菌であるアクネ菌の過剰な増殖につながります。本来であればアクネ菌は皮脂を分解しますが、過剰に増えると皮膚に炎症を起こす物質を多量に分泌させ腫れを誘発します。

おでこや鼻、胸、背中は皮脂の分泌が多いためアクネ菌が繁殖しやすい環境です。そのためニキビができやすく、発生場所が深いほど重症化しやすいため皮膚の健康状態を保つことが重要です。

ニキビの発症・悪化につながる要因

毛穴詰まりや皮脂の分泌、細菌の繁殖はニキビを作る原因ですが、これらを引き起こす要因は「ビタミン不足」「ホルモンバランスの乱れ」「ストレス」「紫外線」の4つです。

ビタミン不足

ビタミン類は美肌に重要な栄養素です。

よく知られるビタミンCはタンパク質の1/3を構成するコラーゲンの生成に働き肌の潤いに必要不可欠です。ビタミンB群は脂質の代謝を活性化し適切な分泌をコントロールする作用があります。また、ビタミンAは毛穴づまりを解消し皮膚や粘膜細胞の保水効果を維持する働きが認められています。

近年の研究ではビタミン不足が老化を招くことが分かりました。ビタミン類は摂取しても体外への排出が早いものも多く、不足を補うため毎日の食事で細かく摂取していく必要があります。

ストレス

精神的、身体的なストレスはどちらの場合でも負荷が大きくなるとホルモンバランスの崩れを招きます、

ストレスが適度に発散できていないと、自律神経の乱れを生じることもあります。睡眠の質が落ちると夜間おこなわれる肌の新陳代謝がされなくなり、結果として肌のターンオーバーが働かずニキビが発生しやすい状態を作ります。

治療しても回復時間がかかるようになり免疫力の低下にもつながるため、治療の効率を上げるためにはストレス解消を同時におこなっていきましょう。

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスも自律神経同様乱れやすく、崩れると肌荒れやさまざまな疾患の原因になります。特に男性ホルモンの一種テストステロンの分泌が増えると、皮脂腺に影響を及ぼし皮脂の分泌を増加させニキビができやすくなると言われています。

女性は月経や妊娠時にホルモン量の変化が起こりやすく、そのタイミングでニキビを発症しやすいため、その期間に集中的なケアをおこないニキビを予防する方も多くいます。

紫外線

肌や髪のトラブルを引き起こす紫外線は、ニキビを悪化させる大きな要因です。

皮膚の常在菌であるアクネ菌は代謝物質としてポルフィリンを生成しますが、ポルフィリンは紫外線と反応すると活性酸素を増やし皮膚への刺激になります。このダメージが毛穴詰まりや炎症を進行させる原因になりえることから、紫外線対策はニキビケアに欠かせません。

さらに紫外線のダメージを受けた肌は、回復を進めるためターンオーバーを加速させます。これによりバリア機能の未熟な細胞が表皮を覆うことになり、ニキビを発生しやすい皮膚に変わります。

大人ニキビと思春期ニキビ

一般的なニキビは10代半ばからの思春期時期に発生する吹き出物のことで、思春期ニキビとも呼ばれています。成人してから現れる吹き出物は大人ニキビと呼ばれますが、呼び方が変わっただけで症状は変わりません。

ただし思春期ニキビと大人ニキビでは、時期のほか原因や発生箇所が全く変わります。特に大人ニキビは跡に残りやすく新陳代謝の優れていた10代の頃より回復も遅いため、スキンケアの方法も変える必要があります。

また、原因も変わるため思春期の時にはニキビが全然できなかった人でも、大人になってニキビができやすくなる方も多くいます。思春期ニキビのほとんどは成長に伴いホルモンバランスが変わって皮脂の分泌が増えることで起こります。対して大人ニキビは日頃のスキンケアやストレス、睡眠不足、栄養バランス、喫煙など複数の原因が元になっているため、それぞれに対応したケアが必要になります。

思春期ニキビの特徴

10代の半ばから後半にかけて現れる思春期ニキビは、大半が成長期による皮脂の過剰分泌で生じます。脂っぽい肌質の人に特に多く、毛穴に皮脂詰まりが起こりやすくなり、常在菌でありニキビの原因菌であるアクネ菌が増殖しやすくなると言われています。

思春期ニキビはTゾーンと呼ばれる額や鼻周辺など皮脂の分泌が多い部分にできやすく、肌質によってはTゾーンを中心として顔全体に点在することもあります。

春から夏にかけて多く見られますが、ホルモンバランスの安定する20代前後になれば思春期ニキビは出なくなることがほとんどです。

思春期ニキビの原因

主な原因はホルモンバランスの変動による皮脂の過剰分泌です。特に思春期の成長過程で男性ホルモン「アンドロゲン」には皮脂の分泌を増やす働きがあり、ニキビの発生を増長する一因となっています。

生活習慣も関わっていて糖分や油分の多い食生活やストレス、睡眠不足などはホルモン分泌の異常と皮脂の過剰分泌を招く恐れがあり、ニキビの発症を増やし悪化させる原因となりかねません。

本来の皮脂は肌のバリア機能を持つものですが、過剰になると肌のターンオーバー時に全て排出されず毛穴の中に溜まり詰まりの原因になります。古い皮脂は空気に触れると酸化しアクネ菌を増殖させますので、ニキビの発生を増やし肌荒れを起こすなど肌質を悪化させることにもなります。

思春期ニキビの仕組み

大人ニキビの特徴

20代以降にできるニキビは、顔だけではなく背中や肩、胸など体にもできやすい性質があります。

顔は口の周りやあご、頬などUゾーンと呼ばれる部分に多く、皮脂分泌が原因になる思春期ニキビより発生原因も多岐にわたるため、皮脂の少ない体毛が生えた箇所に出ることも珍しくありません。

発生時期は冬に多く、夏の紫外線で厚くなった角質が冬の乾燥でニキビに変化しやすいためと考えられています。そのため、スキンケアは夏だけではなく日頃から紫外線対策や乾燥対策を取り、肌の保水およびバリヤ機能の保持を意識することが重要です。

また、古い角質を除去することで毛穴を清潔に保てるようになり、ニキビのできにくい美しい肌が作れます。角質ケアは入浴して肌を洗浄し柔らかくなった状態が一番効果を得られますので、タイミングを間違えず自身に合ったスキンケアをおこないましょう。

大人ニキビの原因

過剰な皮脂分泌が原因の思春期ニキビと違い、大人ニキビは乾燥肌にもできやすく疲労やストレスなど心身不良によるターンオーバーの崩れ、バリア機能低下により発症します。

肌の角質層は乾燥するとバリア機能が衰え、角栓を作りやすくなり毛穴の詰まりを起こしやすくなるといったニキビの出やすい状態になります。

そのため、洗顔は必ずしもニキビ予防にはなりません。また思春期は新陳代謝が高く回復力もありニキビは早く治る人がほとんですが、大人ニキビは代謝や免疫が衰えているため治りにくく跡に残りやすいと言われています。

洗顔の回数を増やしすぎたり保湿を十分にしていないと、大人ニキビを悪化させる逆効果になることもあるため、正しい方法で肌にあったスキンケア用品を選ぶ必要があります。

大人ニキビの仕組み

ニキビの治療方法

治療しやすい思春期ニキビより、大人ニキビは新陳代謝が低下しているため治りにくく跡になりやすい疾患です。

古い肌の下から新しい皮膚を再生させる働きを数ヶ月のスパンで繰り返すことをターンオーバーと言います。ニキビ跡ができてもターンオーバーが活発であれば徐々に消えていきますが、ターンオーバーは年齢が上がるにつれ機能が衰え周期が長くなっていきます。

さらにストレスや生活習慣の乱れもターンオーバー機能を低下させますので、再生が追いつかずシミのようなニキビ跡が残ることは少なくありません。

現在、皮膚科や美容クリニックでスタンダードなのは抗菌薬とアダパレン、もしくは過酸化ベンゾイルの併用での治療です。使用されている薬は塗るタイプの外用抗菌薬や経口タイプの抗生物質、ピーリングを促す尋常性ざ瘡治療薬などです。

治療薬によるニキビ改善

アダパレンはニキビ治療薬の第一選択薬でほぼ全てのニキビに対して有効です。

ニキビの治療に用いられている薬剤で一番選ばれているのは、アダパレンです。アダパレンは医療機関での尋常性ざ瘡(ニキビ)治療ガイドラインにおいて、推奨度が最も高いA評価を受けている薬剤で、軽度から重度までほぼ全てのニキビに対して有効です。

重症化していないニキビには過酸化ベンゾイルという抗菌作用のある塗り薬が処方されることもあり、深刻なニキビの治療でアダパレンと併用することも珍しくありません。

ピーリング剤による治療

ピーリングは英語の剥くという意味がある peel から名付けられた、肌や毛穴内部の角質を剥離させる治療方法のことです。古い角質や老廃物を取り除くことで、新しい細胞の再生を進めターンオーバーを促すことができます。

非炎症系の白ニキビや黒ニキビ、または初期の炎症性赤ニキビならピーリング剤のみで改善できます。

ピーリング剤として使用率が高いのはアダパレンと過酸化ベンゾイルで、どちらも臨床試験において有効性が実証されてきました。

アダパレンは毛穴詰まりを起こす角栓を取り除く際、余剰な皮脂とアクネ菌を排出する働きがあります。ニキビ改善に止まらず、面皰(白ニキビ、黒ニキビ)の予防もできるため、ニキビが頻繁にできる方に向いているピーリング剤です。臨床試験では84%の方のニキビが改善されました。代表的なアダパレン製剤には、ディフェリンゲルがあり日本国内ではアダフェリンという名称で使用されています。

過酸化ベンゾイルは角栓除去と同時に、幅広い細菌に働く抗菌作用でアクネ菌やプロピオニバクテリウムなどニキビの原因菌を根絶する作用を持ちます。アクネ菌を耐性化させないため、長期間使用しても効かなくなるといったことはありません。製剤として、べピオゲルという名前で販売されているベンザックACジェルがあります。

抗生物質併用による治療

赤ニキビから先の炎症性ニキビの治療では、ピーリング剤に外用抗菌薬のクリンダマイシンとの併用で治癒効果を早めることが可能です。

抗生物質クリンダマイシンは、アクネ菌やブドウ球菌などニキビの原因菌の繁殖を抑えて炎症や化膿を緩和する作用があります。尋常性ざ瘡(ニキビ)治療ガイドラインでは、アダパレンや屋さんかベンゾイルなどピーリング剤との併用療法が推奨されています。

クリンダマイシンの含有薬品はクリアウィンやダラシンTゲルがありますが、経口抗菌薬のドキシサイクリン(ビブラマイシン)、ミノサイクリンもガイドラインにおいて推奨度Aとされていて、医療機関で処方されることも少なくありません。

なお、活性酸素など炎症物質への抗炎症作用もあるため、炎症の重さによっては抗生物質を長期間しようすることがあります。

治療薬以外のニキビ治療

  • ケミカルピーリング
  • 面皰圧出
  • レーザー

ケミカルピーリングは、弱酸性薬剤を肌に塗布して古い角質や毛穴汚れを除去するスキンケア治療です。

肌の細胞に刺激を与えてターンオーバーを活発にするため、ニキビ治療だけではなく小じわや黒ずみなど総合的な肌トラブルの改善に有効として近年注目が集めています。痛みや、角質が自然にはがれ落ちるまでに必要なダウンタイムもほとんどありませんので、施術の時間を20〜30分程度に短縮でき忙しい方に適しています。

ただし薬剤を使用する治療法のため、アトピー性皮膚炎や敏感肌など肌トラブルの出やすい方には向きません。そのため、治療の際は医師に相談をする必要があります。

面皰圧出は、コメドと呼ばれる米粒に近い塊の入った毛穴を押し出す初歩的な治療方法です。

ニキビの悪化につながる皮脂や膿を前もって除去できるため炎症を起こすことなく治療可能で、さらに保険適用されていることから皮膚科で広く使われています。自宅での施術はアクネプッシャーという器具で行いますが、その際は毛穴に雑菌が入り込まないように注意してください。炎症が悪化したりニキビ跡が残るリスクがあります。また、炎症がすでに出ている赤、黄ニキビや内出血を起こしている紫ニキビにも使用できません。

レーザーは肌に極小の穴を開けてレーザー光の熱エネルギーにより、膿や皮脂を溶かすニキビ治療方法です。

殺菌効果が高く困難なニキビや内出血の跡を消すために用いられ、ケミカルピーリングや治療薬など他の治療法との併用が多くされています。レーザーでも出血する心配はありませんが、妊娠している方やその可能性がある方、授乳中の方は施術を受けられません。

日常的にできるニキビ予防・ケア

スキンケア

ニキビを予防し悪化させないためには、日常的なスキンケアが必要不可欠です。

紫外線対策のUVケアはニキビを作らないために重要ですが、ケアクリームをしっかり落とさないと毛穴詰まりの原因となりニキビができやすい状態を作ります。ファンデーションなど化粧品も肌に残っていると肌荒れやニキビの原因になりますので、正しい洗顔で洗わなければいけません。

予防するためには1日2回、キレイな水で洗顔します。クリームや化粧だけではなく、洗った後の泡や石鹸なども十分洗い流してください。

また、入浴時に洗顔する方は整髪剤やシャンプー、コンディショナーにも注意して額の生え際など洗い残しがないようにします。

洗浄後は、乾燥した肌を保護するため化粧水や乳液での保湿ケアをおこなってください。

睡眠と軽い運動

不眠症や睡眠時間の不足は、全身の機能低下や招き精神的な不調を誘発します。

肌に対しても例外ではなく、適切な睡眠時間を設けて質の高い眠りをとることでホルモンバランスが整い、肌の代謝機能を高めてニキビ予防・改善の効率を高めることができます。

また適度な運動も血行が促されストレス軽減にもなるため、毎日数分でも動いたりストレッチするだけでニキビ対策になることが分かっています。

食生活の改善

栄養バランスもニキビの予防と改善に大きく関わっています。

肌質の良し悪しはビタミンとミネラルが重要です。その中でもビタミンCは美肌に有効な成分として知られていますが、人の体はストレスがかかると体内のビタミンCを多量に消費し肌質が低下する仕組みになっています。摂取しても時間が経つと体外へ排出されてしまいますので、こまめに補う必要があります。

ほかにも肌のターンオーバーを促すビタミンB群や皮膚細胞の再生、免疫力向上に働くビタミンA、食物繊維など、肌再生に有効な栄養素をバランス良く摂ることで、ニキビが治りやすく発生しにくい肌環境を整えることが可能です。

美肌に役立つ栄養素の含まれている食品
  • ビタミンC:レモン、イチゴ、キウイフルーツ、赤ピーマン、芽キャベツ、ブロッコリー
  • ビタミンB1:胚芽米、玄米、豚肉、うなぎ、豆類、青海苔、焼き海苔
  • ビタミンB2:卵、納豆、レバー、焼き海苔
  • ビタミンB6:マグロ、カツオ、サケ、肉、バナナ、ニンニク
  • ビタミンA:レバー、ほうれん草、ニンジンやカボチャなど緑黄色野菜、チーズ
  • 食物繊維:キノコ類、穀物、イモ類、豆類、野菜、果物、海藻類
  • タンパク質:肉、魚、卵、大豆、牛乳

思春期ニキビと大人ニキビのケア方法

思春期ニキビのケア

成長ホルモンが皮脂分泌を増やすことで生じる思春期ニキビには、肌に合った洗顔料で優しく洗顔し余分な脂を落とす方法が有効です。

その際、力を入れてゴシゴシ擦って洗うと肌のダメージになりニキビや肌荒れの原因になりますので、十分に泡立ててマッサージするように洗いましょう。

食事は特にビタミンB群が豊富に含まれている卵や納豆、レバー、うなぎがオススメです。また、十分な睡眠もニキビ予防と健康に有効です。

大人ニキビのケア

20代以降のニキビは思春期ニキビの治療薬ではさらに乾燥してしまい、ニキビを悪化させることがあります。

皮脂の過剰分泌が原因の思春期ニキビと違い、大人ニキビは肌の乾燥やバリヤ機能の低下から生じることがほとんどですので、保湿が重要なケアとされています。洗顔後にセラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸など保湿成分に優れたスキンケア用品で肌に潤いを持たせましょう。

睡眠不足も肌質を低下させ乾燥を招く原因になります。不眠症は気づかない内になっていることもあるため、スキンケアをしっかりしているのに肌荒れやニキビが治らない場合は、睡眠外来などで睡眠の質を高める相談などすることも推奨されています。

また食事のバランスを整えることも、ニキビを改善し増やさないために大切です。欠食や過剰な感触、暴飲暴食が続くと体調そのものに悪影響が出ますので、1日数回の食事でさまざまな栄養を満遍なく摂取してください。

肌の元になるタンパク質や新陳代謝を高め皮脂量を調節するビタミンB2・B6、血行促進作用があり肌荒れを解消するビタミンE、便秘改善に効く食物繊維などの他、大人ニキビにはターンオーバーを上げるビタミンAやバリア機能低下を防ぐビタミンB1、ビタミンCもニキビケアに有効です。